Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽のマルシェ(勝どき)
9月に日本最大級を謳ったマルシェが誕生した。

130914_1.jpg

オープンの10時を目指して出掛けたのだが、既に大勢の人で賑わっている。

130914_2.jpg


入口では福袋なる野菜が目に入った。

130914_3.jpg

まだまだ在庫も潤沢な様子なのでひと巡りしてからと思って見送った。これが大失敗。戻った時には目の前で品切れに。

マスコミの注目度が高いのか、TVカメラまで入っていた。

130914_5.jpg

有機野菜を扱うお店があちらこちらにあって目移りがしてしまう。値段は高価だが、なかなか買いたくても買えない有機野菜。このような機会は嬉しい。

130914_4.jpg

中でも、衝撃を受けたのはトマトの専門店。

130914_8.jpg

見たことのない色や形のトマトが揃う。
熟れてなさそうな青いトマトの甘さと香りの高さに驚いた。見てくれは悪いものが多いがどれも味は濃い。

この日の戦利品。

130914_6.jpg

殆どを焼き野菜中心に頂いた

130914_7.jpg

翌月のマルシェでは出遅れてしまって、売り切れじまいだったのか定かではないが、先のトマト専門店の姿は見えなかった。嬉しいことに一時のイベントではなく、今後は毎月第二土日に開催されるとのこと。


太陽のマルシェ(勝どき)

URL:http://timealive.jp/

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

食のフランスフェア(銀座三越)
銀座三越で開催中の食のフランスフェアに出掛けた。

130511_1.jpg

事前のお目当ては2つ。
まず最初はミシュランガイドでも2つ星「エスキス」のパン。

130511_2.jpg

開店と同時に入ると殆どの人はこちらのお店を目指しているようだ。数に限りがあるので、人気の品は直ぐに売り切れてしまう。

お店ではいただけないクロワッサン等が買える。バケット、カンパーニュ、フォカッチャ等、どれも秀逸。(お店で頂くほうが美味しく感じるのだが)


そうなるとパンのお伴が必要になる。
こちらが2つ目の目的。池尻のフレンチ「Ogino」の練り物系達。

130511_4.jpg

定番のパテ・ド・カンパーニュはもとより、蝦夷鹿のブーダンノワールを使ったテリーヌやリエットなど、バラエティに富んだ品揃えで目移りしてしまう。パテ・ド・カンパーニュはしっかりと塩が効いており、食感の滑らかさや味のバランスも文句ない。

130511_5.jpg

ソーセージ類も販売しており、特に蝦夷鹿のブーダンノワールは臭みがまったくなく、濃厚な味わいで美味。


その他では、季節のホワイトアスパラやきのこ類を扱うお店もおすすめ。

130511_3.jpg

いずれもフランス産の素材で、日本の野菜に比べて素材の香りが色濃い。


マスタードを始めとする調味料類も目移りしてしまうほど。試食をすると、あれやこれやと料理のアイデアが湧いてくる。そんな気にさせてくれるいい調味料が多いという証だろう。

130511_6.jpg

チーズはどれも高めだが、それだけの価値がある。一般的なものに比べて香り高く、濃縮感がある。勿論、状態の方も申し分ない。

130511_7.jpg

ワインコーナーも充実。
奥にある会計コーナーにてワイングラスを368円で購入し、こちらを片手に試飲をするといい。

130511_8.jpg

数社が出店しているようで、最初は1,000円台のワインから始まり、中には5,000円や10,000円といったワインも運が良ければ試飲させてくれる。更に解説もしてくれるのでとても勉強になり、一石二鳥だ。ひと巡りすると大体20~30種類のワインを試飲することが出来る。


催事としては小規模であるが、コンパクトに凝縮されたいいイベントであった。来年も開催されるようならば、是非、出掛けたい。


明日、13日(月)までの開催なので、多少なりともご参考になればと思います。



食のフランスフェア(銀座三越)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

BEPPINO OCCELI (発酵バター/ピエモンテ)
たまたまフェルミエのサイトで見つけたイタリアのピエモンテ州の発酵バター。年に1回の入荷しかないとのコメントに心惹かれ購入。

121103_1.jpg

パッケージを開けると、目に飛び込んでくるのが可愛らしい牛の刻印。また、牛乳そのもののような色の白さが印象的。

121103_2.jpg

色々と試したが、火を入れずにそのままの味を愉しむのがいちばんだ。ミルキーでベタベタした感じがなく、すっきりとした上品な味わい。これは、また来年も忘れずにチェックしたい品だ。


BEPPINO OCCELI (発酵バター/ピエモンテ)


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おいしい☆ - ジャンル:グルメ

鳥大(惣菜/十条)
赤羽から慣れ親しんだ十条へと移動した。

ぶらぶらと散策しながらお惣菜を購入するのが目的だ。縦横に商店街が展開されていて、相変わらず楽しい。

121006_11.jpg

勿論、お惣菜屋さんも多いのだが、中でも、お目当ては鳥大。

121006_9.jpg

店の前には、お惣菜を買い求める人の列で活況を呈している。他のお店も賑わっているが、ここまで盛況なところはない。

121006_13.jpg

鳥を中心に色とりどりの品々に目移りをしてしまう。

121006_10.jpg

鶏のもも肉やチキンボールは外せないところ。鴨の燻製もお手頃価格。

たんまりと買い込み、この日の夜は鳥大のお惣菜で一献!と意気込んだのだが、結局は斎藤酒場に沈んでしまった。。

121006_12.jpg



関連ランキング:デリカテッセン | 十条駅東十条駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
2012年味百選2(日本橋高島屋)
味百選に行くと、ついつい予定外の買い物をしてしまう。これはほぼ毎回と言っても過言ではない。
今回2回目の訪問となる。特に狙ったわけではないのだが、開店10分前に到着したら、神宗の徳用塩昆布の整理券を配布していた。

121028_1.jpg

今回は購入予定に入っていなかったのだが、せっかく整理券を頂いたので列に加わってしまった。
開店直後はまだ閑散としている。

121028_2.jpg


まずはお目当ての商品を。
えび金の釜揚げしらす。

121028_4.jpg

ヤマト醤油の北前船と新製品の辛口糀

121028_3.jpg

北目船はこの時期だけ販売する火入していない醤油。賞味期限が極めて短いので惜しみなく使用する必要がある。2年ぶりだが、蓋がコルクからスクリュー式のキャップへアップグレードしていた。使用感はアップしたものの、日々酸化していくことを実感する醤油なので、是非、キッコーマン、ヤマサスタイルの容器で販売して貰いたいものだ。

新製品の辛口糀も購入。ピリリと辛味が効いた麹なのだが、かんずりの代替になるのではないかと期待が膨らむ。色々と守備範囲が広そうで、これはかなりいける!

食べきってしまった千枚漬けや明太子をリピートし、もう買い漏らしは無いだろうと思いつつも、最後にもうひと巡り。朝食も取らずに出掛けてきたのでそろそろ限界だ。
ブランチはどうしようかと思っていた際、白米の試食を勧められた。大して気乗りもせずに頂いたのだが、あまりの美味しさに目が覚めた!冷めかかっていたにも関わらず、驚くほど香りがよい。
話を伺うと、自然農法で丁寧に作られたお米であることがわかった。
早速、購入してみたのだが、これが今回のいちばんの目玉になるとは…
もっとも、こういう出会いが面白いのだが。

121028_5.jpg

真心を込めて作られたいい食材に接すると、自然と食べ手の背筋も伸びる。
しっかりと浸水させ、水を切ると、粒の大きさにバラツキが無いことに気づく。

121028_6.jpg


敬意を込めて土鍋で炊飯。

121028_7.jpg

しっかりと蒸らしていざ完成!

121028_8.jpg

粒立ちよく、まさに銀シャリの輝き!

121028_9.jpg

まずはそのまま頂く。もっちりとしているが、甘すぎず、バランスがいいお米だ。


続いて、釜揚げしらすで。

121028_10.jpg

こちらも文句ない美味しさ。


究極は北前船のしょうゆ掛けごはん!

121028_11.jpg

作り手の顔が見える良品の融合だ。
こちらの前ではなまなかのお酒では釣り合いが取れない。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:おいしい☆ - ジャンル:グルメ

2012 味百選(食品/日本橋高島屋)
また、この季節が来てしまった。
デパートで、各種行われる催事の中でも間違いなく最強ではなかろうか。
日本橋高島屋の味百選。恐ろしいラインナップだ。

あれもこれもリピートしたいものが毎年のように増える。
当然、家計には大打撃を及ぼす。

まずはこの時期のみ、そして高島屋のみで、樽からの量り売りを購入できる村上重本店の千枚漬。
やっぱりこのフレッシュ感はひと味違う。この味に慣れたら他はもう食べられない程。

121024_2.jpg


やまつ辻田

今回は小分けの七味を購入。これなら持ち歩きにも便利だし、何かと重宝する。
品質の高さはピカ一だ。それと今回初登場の金山寺味噌。

121024_6.jpg


むかいの明太子と白兼の蒲鉾

121024_3.jpg

これも我が家の定番商品。日本酒が進む。


初挑戦の削り節

121024_1.jpg

血合いを抜いたかつを節をサラサラときめ細かく仕上げたふりかけ。
上品な味わいで、ちょい足しで色々な料理が生まれ変わりそう。


同じお店のパックのダシ

121024_4.jpg

パックと思って侮る事なかれ。かなり上質のダシが取れる。


今回初出店の厚木ハム

121024_5.jpg

知名度はそれほど高くなさそうだが、ものはどれも良さそう。
今回の催事用の特別のハムやレバペースト等、期待は高い。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
北海道直販(鮮魚/亀戸)
この日も、亀戸方面に自転車で向かっていたのだが、うっかり手前で右折してしまった。脇道には不思議な魅力がある。
新たな発見を求めて、そのまま散策していると、北海道の食材を扱っているらしきお店に遭遇。

120910_1.jpg

せっかくなので覗いてみることに。

120910_2.jpg

主に魚介類が中心で、野菜や食品も扱う。
野菜は北海道のものとは限らない様子。

120910_3.jpg

やはり、ひときわ目を引くのが魚介類で、関東では見慣れない地の魚が並ぶ。価格の安さと珍しさから、生のほっけとオジサンという魚、白貝を買ってみた。

白貝

120910_4.jpg

iPhoneと比較してもこのサイズだから、かなり大きい。酒蒸しにしてみたが、他の調理法の方が良さそうに思えた。

オジサン

120910_6.jpg

髭を生やした風貌からその名が付いたのだとか。深海魚の一種らしいが、味はすこぶるいい。


ほっけはフライで

120910_7.jpg

北海道では当たり前のように生ホッケが流通しているらしいが、東京では干物以外お目にかかることが出来ない。
ホックリとした白身にお酒が進む。
これはちょっとクセになりそう。


北海道直販(鮮魚/亀戸)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。