Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なべ家(日本料理/大塚)
お祝いごとがあって、大塚の老舗江戸前料理店なべ屋にご招待された。

121013_17.jpg


落鮎と松茸のコースを頂く。


突き出し3品

121013_18.jpg

香ばしい鮎の干物は小ぶりながら旨み十分。ハナから日本酒が頂きたくなるお味だ。

名物の玉子焼きは甘塩っぱい濃い目の味付けで、これまた日本酒にベストマッチ。

小エビの和え物は梨の風味が爽やか。

121013_20.jpg


〆鯖

121013_21.jpg

鮮度も塩梅も上々。たっぷりと薬味を載せて頂く。供される醬油がかなり濃度の濃いものなので、薬味は醬油皿に全投入せずに、刺身に上品に乗せて軽く醬油を付ける感じで食べたほうが良い。


焼き松茸

見目麗しい姿にため息が出る。

121013_23.jpg

今年は国産松茸が不作で、なかなか良い物が出て来なかったとのことだが、どうしてどうして、素晴らしい香りだ。

121013_22.jpg

最近の輸入松茸も、昔に比べて品質向上が目覚しいが、やはり松茸は国産のものには敵わない。香りは勿論のこと、歯ごたえが全く違うのだ。


一口そば

121013_24.jpg

香りはそこそこだが、ゆで加減がよく、つるりと喉越しが良い。


落鮎煮浸し

121013_25.jpg

頭から尻尾まで丸ごと頂ける。腹子をたっぷり蓄えた落鮎は、初夏に頂く若鮎とはまた異なり、妖艶な魅力がある。


お茶漬け

121013_26.jpg


水菓子

121013_27.jpg

手前はご主人が長年研究されている江戸時代の料理本「豆腐百珍」の中から玲瓏豆腐。
寒天で外周を覆った豆腐に黒蜜が掛けられたもの。
くど過ぎない上品な甘味が、料理を締めくくる。

121013_28.jpg


趣ある建屋、今ではなかなかお目にかかれない江戸前料理、細やかなサービスでもてなして下さる仲居さん、女将さん。
トータルで比類なき佳店だと思う。



関連ランキング:割烹・小料理 | 大塚駅前駅大塚駅新大塚駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/991-f6bf8a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。