Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キラキラ橘商店街(お惣菜/曳舟)
曳舟方面に足を伸ばしてから3度めにして、街の小さな商店街に入ってみた。その名も「キラキラ橘商店街」。くだんのコッペパン専門店「ハト屋」さんもこの中にある一軒だ。

120918_1.jpg

徒歩だと駅からは少し距離がある。地味な下町の商店街だ。規模は砂町商店街の1/3ほどだろうか。


この商店街の中にポツンポツンとお惣菜屋さんが揃っている。

120918_3.jpg

こちらは鳥よしというお店。特にミートボールの出来がいい。


商店街の外れには佃煮屋さんも

120918_4.jpg

鶏肉系のお惣菜屋さんがいちばん多いのだが、こちらのお店がいちばんのおすすめ。

120918_5.jpg

鶏肉以外のお惣菜もあって、そのどれもが嫌味のない味付け。

120918_6.jpg

やきとりや唐揚げを試してみたが、悪くない。臭みがないから、鶏肉そのものが美味しいのだろう。このお店のスペシャリティはこちら、餃子を鶏皮で巻いたチキン餃子。

120918_7.jpg

脂気がしっかりとあるから、そういくつも食べたい料理ではないが、鶏皮の香りが良く、餃子餡とのバランスが見事なひと品。
シンプルなところではバンバンジーなどもおすすめだ。

続いて焼魚をメインに販売する魚屋さん

120918_8.jpg

銀だらの照焼きなど、なかなかの出来映え。


この他にも、おでん屋さんや和菓子屋さん、食とは全く関係ないが古いレコードを扱うお店など、小規模な割に楽しめる店が多い。
意外と懐が深い、昭和の臭いが残る商店街である。


キラキラ橘商店街

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/979-7a61183c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。