Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハト屋(コッペパン/曳舟)
いままで自転車で遊びに行く限界の街は、スカイツリーを臨む押上辺りだったのだが、最近、曳舟まで距離を延した。その道中、ちょっとした商店街を発見。

その名もキラキラ橘商店街。こちらのお店はその中の一軒。

120917_15.jpg


タイムスリップしたかの様な佇まい。コッペパンの専門店である。
まるで、二十世紀少年の世界だ。昭和40年代生まれでも、コッペパンの専門店は記憶にない。

120917_16.jpg


風情ある看板にはカステラの文字があるが、メニューはコッペパンのみ。お好みで、ジャムまたはピーナッツクリームを塗ってくれる。

120917_17.jpg

普段、ピーナッツバターは油脂分が強く、甘みもきついものが多いため、それほど好んで食べない。
気まぐれで試したのだが、こちらのものはクドすぎず、ミルキー且つ上品な味わいでとても美味しい。

120917_18.jpg


プレーンのコッペパンは、近所のお惣菜屋さんで購入したやきそばを挟み、焼きそばパンにして頂いた。

120917_19.jpg

これがまた、何とも美味しい。
基本的にパンそのものの出来がすこぶるいい。生地のキメは細かく、ふんわりと柔らかく仕上がっている。
上質なヴィエノワを食べているようなのだ。

その後、立石の愛知屋さんのコロッケでコロッケサンドを試したが、当然旨い。下町ならではの佳店に感動することしきり。

余計なお世話かも知れないが、後継者らしき人が見当たらないのがとても気がかり。





関連ランキング:パン | 京成曳舟駅小村井駅曳舟駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/978-192284d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。