Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梵天(ラーメン/銀座)
銀座一丁目にあるラーメン店へ。
丁度、中央通りから築地方面へ一本入った通り沿いに店を構える。

120923_1.jpg

店頭のメニューを見るとつけ麺が売りもののようだ。
しかし、この日は猛暑続きの9月ながら、朝方から雨が降りしきり、急激に肌寒い陽気になってしまい、つけ麺気分が盛り上がらない。

席につき、まずはこちらで渇きを潤す

120923_2.jpg

夜のメニューとおぼしき中に、おつまみが数品ある。頼んでみると、お昼から飲む客がいないのか、困惑した様子で、店員さんが店主と相談。まだ時間が早く、さほど混んでいなかったので注文を受けてくれた。


メンマ

120923_3.jpg

しっとりサクサク、滑り出し好調。


もやしチャーシュー

120923_4.jpg

正確な品名は失念したが、こんな感じだったかと思う。トッピングする具材の皿盛りかと思っていたのだが、こういう和え物系とは予想外。悪くはないが、少しパンチが弱い。


ラーメン

120923_5.jpg

前述の通り、この日は涼しかったこともあり、具だくさんの特盛ラーメンを。いい面構えである。

中太の麺はスープとのバランスも上々。

120923_6.jpg

チャーシューや玉子など、具材はどれも丁寧な仕事振りで、近隣の人気ラーメン店にひけをとらない出来映えだ。特にチャーシューは秀逸で、繊維がほどけるように柔らかく煮込まれていて、肉としての旨味が損なわれていない。

しかし、スープのみが残念だ。シンプルな東京ラーメンだが、化学調味料の変な甘みが舌を刺す。もったいない限り。これだけの具材をつくる技量があれば、スープとて自然の味わいで勝負できるのではないかと思う。

伸びしろが感じられるだけに惜しい。




関連ランキング:ラーメン | 銀座一丁目駅京橋駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/975-69f05cb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。