Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大野屋 和ちゃん(やきとり/木場)
知る人ぞ知るラーメン激戦区の東陽1丁目にあるやきとり屋。
丁度、木場と東陽町の間に位置する大門通り沿いに店を構えている。

120916_1.jpg

見覚えのある提灯だと思ったら、ご主人は銀座の武ちゃんで修行したとのこと。

カウンターに整然と箸が並び整えられている。清潔感のある店内で気持ちが良い。

120916_2.jpg

メニューは武ちゃん同様、セットが用意されている。

120916_3.jpg

馴染みの品々が並ぶ。


箸置きに炭を使用

120916_4.jpg

まずはビールから。瓶はサッポロラガーという渋い選択。
因みに生はエビス。

120916_5.jpg

サイドメニューもその日のオススメが数種用意されている。

つぶ貝の煮込み

120916_6.jpg

いい塩梅の味付けで快調な滑り出しだ。


白菜の漬物

120916_7.jpg

こちらはやきとりの合いの手にいい。


まず一本目はささみの本わさび添え

120916_8.jpg

最初の一本目はこれに限る。ほどよい火加減のササミにわさびの刺激が絶妙。


レバー

120916_9.jpg

ミディアムレアな火加減で濃厚な味わい。練りゴマ風味のタレに和辛子が好相性。


つくね

120916_10.jpg

ホロホロしているのにジューシーで旨い。

この辺りで日本酒にスイッチ。
千の風という変わった銘柄がこのお店の主役。

120916_11.jpg


合鴨味噌田楽

120916_12.jpg

まさに武ちゃん出身者ならではの一品。久しぶりに染みる。


もも肉のぶつ切り

120916_14.jpg

焦げ目はハサミで落としながら焼いていく。弾力があり小気味良い歯ごたえだ。


はつ

120916_15.jpg

内臓らしい旨味が濃厚なのに臭みは全くない。


野菜焼き

120916_16.jpg

トマトが苦手な場合は他の物と変更できるようだが、基本はイタリアントマト推奨。仕上げにオリーブオイルを掛けて供してくれる。火入れしたトマトは甘みが凝縮して旨い。気をつけないと火傷するが、アツアツで頬張るのがgood!


手羽先

120916_17.jpg

コースの締めはこちら。手羽先の一番うまい調理法が焼き鳥だと思う。塩が強すぎず上品な仕上がり。


追加で頂いた皮

120916_19.jpg

ねっとりとした質感で、いい具合に脂が抜けている。お酒が進んで困る。


銀杏

120916_18.jpg

やきとり屋さんでは必ず食べたくなる一品。


椎茸

120916_20.jpg

身が厚くふっくらと瑞々しい。炭火ならではの美味しさ。


最後の締めはコラーゲンたっぷりの雑炊

120916_21.jpg

優しい塩加減の白湯スープが締めに最適。御飯の量も調度良い。


これはなかなかの掘り出し物。近所にいいお店が一軒増えた。




関連ランキング:焼き鳥 | 木場駅東陽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/972-60e7770c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。