Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天麩羅 なかがわ(天ぷら/築地)
久しぶりで、なかがわに。今回は師匠のお店を訪問した後だけに見どころが多い。

120830_1.jpg

全体を通じて俯瞰で捉えると、みかわ流の王道を継承しているのは疑いようがない。

120830_2.jpg

レアな仕上がりの車海老やイカは、まさに真髄の具現化であり、他の追随を許さない。
仕上がりもさることながら、箸をカチカチと合わせた音でリズムを取るスタイルも師匠譲りだ。

120830_3.jpg

しかし、視点をマクロに転じると、なかがわ流のスタイルを随所に垣間見ることが出来る。
最も典型的なネタは穴子だ。みかわではじっくりと火を通していくのに対し、なかがわでは、油の力を利用して一気に揚げ切る。時には油を継ぎ足し、最もパワフルな状態で臨む。

120830_6.jpg

キスなどにも同様の仕事を感じる。師匠との違いを出せるところは、極力、別のプロセスで挑む。そんな印象を受ける。


今回、みかわで供されなかった食材から、まずは岩牡蠣。

120830_4.jpg

ジューシーで磯の香りタップリ。火入れしたことで肝に気合いが入った感じ。


さつまいも

120830_5.jpg

カリカリの薄衣を噛じると、黄金色の本体が顔を出す。火の通しは上々。ホクホクの芋で、一足早く秋を感じる。

総てのレベルが高く、次世代を担うてんぷら職人のひとりであることは間違いない。



関連ランキング:天ぷら | 築地駅東銀座駅新富町駅


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/965-92651420
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。