Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みかわ是山居(天ぷら/門前仲町)
海外出張にオリンピック、そして夏休みとすっかりとご無沙汰してしまいました。この1ヶ月のネタをボチボチとアップしていきたいと思います。

最近は、お弟子さんのお店に伺うことが多く、早乙女さんの天ぷらを頂くのは茅場町以来久しぶりだ。

駅からはさほど遠くはないものの、場所は少々わかりにくい。

120722_1.jpg

店内は1Fと2Fが店舗。3Fが茶室となっている。
今回は1Fのカウンターで席間が充分に設けられているので、ゆったりと寛げる雰囲気だ。

料理はコースのみ。
席に通されると既にお通しが用意されていた。

120722_2.jpg

こういうちょっとした一品が嬉しい。
ビールと共に。

120722_3.jpg

一品目は車海老。

120722_4.jpg

一見して素材の良さが光る。
2つ目の車海老は火の通しを変えて、更に甘味を引き立たせる。

120722_5.jpg

勿論、殻ごと美味しく頂ける。


キス
120722_6.jpg

大きくて肉厚の身はふっくら。噛んだ途端、ホクホクとキメの細かい湯気が立ち上がる。


アオリイカ
120722_7.jpg

みかわならではのレアな仕上がり。
驚きの柔らかさで、前歯でサックリ噛み切れる。
火の通しが良いから、イカの甘みが際立つ。


ここでお椀が供された

120722_8.jpg

優雅な流れでコースが進み、上手くメリハリが効いている。


うにの大葉巻き
120722_9.jpg

これは茅場町時代にはお目にかからなかった、初めて頂く品だ。早乙女さんの火通しの真骨頂を堪能した感じ。磯の香りよろしく、生よりも濃厚な旨味が増したウニは絶品。

120722_10.jpg


みょうが
120722_11.jpg

こちらも天ぷらで頂くのは初めて。香り高く、予想以上に天ぷらとの相性がいい。


稚鮎
120722_12.jpg

凛とした姿が美しい。途中から日本酒へスイッチしたのだが、この一品のためにビールを少し残していて正解!


松茸
120722_13.jpg

まだ7月だというのに松茸を頂けるなんて。中国産とのことだが、とてもジューシーで形も整っている。松茸は天ぷらで頂くのが一番美味かもしれないと改めて感じさせられた。


穴子
anago.gif

油の中で焼き付けるような独特の揚げ方で、しっかり、じっくり火を通して供される。油切れが良いから、クドさは全く感じず、スッと胃袋に収まる。

ここからは好みの野菜を2品チョイス


アスパラ
120722_15.jpg

どんなに上手く炒めても、こんなにホクホクとした仕上がりにはならないだろう。下拵えが丁寧なので繊維もうるさくない。


なす
120722_16.jpg

こちらで揚げ物単体の締めくくり


天茶
120722_17.jpg

ふっくらと形良くまとまり、それでいてレアな仕上がり。


お新香
120722_18.jpg


天丼
120722_19.jpg

お重の器が美しい。勿論、美味しいことは言うまでもない。


食事が終わると3Fの茶室に通された
120722_20.jpg


こちらでデザートを頂く
120722_21.jpg


お土産で供された天かす
120722_22.jpg

ひと味ちがう。

久しぶりのみかわを堪能した。
しかし、これでミシュランは星1つしか与えないのだろうか?
甚だ疑問に感じる。価格を含め、もっと星があるすし店より満足度が高い。



関連ランキング:天ぷら | 門前仲町駅越中島駅清澄白河駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/954-76b22cb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。