Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
KollaBo(韓国料理/銀座)
連休中、たまたまお店の前を通り掛かって気になっていたお店。

110520_1.jpg

その名もKollaBo。
本場ソウルの韓国料理店の味がいくつも味わえるという。フードコートならいざ知らず、普通の店舗ではあり得ない形態だ。

110520_2.jpg


どれも気にはなるのだが、正直、焼肉系にはあまりそそられない。ここに韓牛を持ってこられたら、むむ、やりおるなという感じで盛り上がるところだが、そうではないようだ。となると、日本の焼き肉店のレベルはかなり高いのでどこまで差別化できるか疑問は残る。

そんな中、スンドゥブチゲ発祥のお店と、既に支店が日本にあるプロカンジャンケジャンの2軒には心は揺れた。それにしても、スンドゥブチゲがわずか50年の歴史だったことにちょっとびっくり。

まずはお通しでキムチとサラダが供された。

110520_3.jpg

110520_4.jpg

うーん、これはどうだろうか。無理に出さなくてもいいように思う。正直、その辺の喫茶店以下だ。特にサラダはしみったれた印象で、期待の蕾が一気に萎えてしまい、かえって悪印象を与える。こんなサラダなら潔くカットして、むしろキムチの量を少しでも増やした方がよっぽど好感が持てる。ついでに言うならば、これだけのソウルのお店をコラボしているのだから、キムチも、こんなスーパー、コンビニレベルのものでなく、ソウルらしいシンプルな味わいのキムチを出すべきと思う。

その萎えた気持を押さえたのが、名人が醸したという生マッコリ

110520_5.jpg

生マッコリにしてはトロリと濃厚な味わいで、切れもいい。

カンジャンケジャン

110520_6.jpg

時期からは少しずれているのだろうが、現地で頂いたものに比べると、大きさから色からして違う。味噌が少ない。まあ、それでもエッセンスは愉しめた。

110520_7.jpg

無論、甲羅部分にご飯を絡めると旨いことは旨いのだが。。。
ご飯は週末だと普通のご飯となるらしい。たまたま早い時間に出掛けたせいか、釜で炊いたご飯だったのはラッキーだった。

110520_11.jpg




スンドゥブチゲ

110520_8.jpg

こちらは現地の香りがプンプン漂う仕上がりで、全体のバランスも良く、とても美味しい。もっとアツアツでもいいように思う。

今回はスンドゥブと石焼ビビンバのセットに

110520_9.jpg


こちらは大阪の高麗屋さんとのコラボメニュー。通常のビビンバに独得の味わいがプラスされる。これがなかなか効果的で出来はかなり良い。

110520_10.jpg


こういう新形態の店舗は、まだまだ大きな可能性を持っているし、走り始めたばかりなのだからしばらくは温かい気持ちで見守りたいと思う。今後、更なる名店の参加に期待したい。

あ、あと1点気になったのは、クーポンサービス。HPをみる限りでは、昼も使用できるクーポンがあるようなのだが、実際は夜しか使えない。記述を変えるべきだと思う。



関連ランキング:韓国料理 | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/917-3a754a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。