Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銘柄牛肉の佐藤(かつサンド/亀戸)
ラーメン潤の帰り道、気になるお店に遭遇。

120513_8.jpg

なんと男らしい筆跡の看板だろうか。それだけにひときわ目を引く。
ましてや牛肉で佐藤だ。悪かろうはずがあるまい。迷わず入ってみる事に。

まず、目に付いたのがかつサンドとハンバーグかつサンド。

120513_9.jpg

具材のボリューム満点で、男気に溢れた看板に偽りなし。どちらも甲乙つけがたく、結局、両方買って帰る事に。


ハンバーグかつサンド(左) かつサンド(右)

120513_13.jpg

かつサンドのしっとりとした肉は旨味十分でクオリティが高い。衣に染み込んだスパイシーなソースが個性的で、最近頂いたかつサンドの中では、ピカ一の出来映え。

続いては、ハンバーグかつサンド。
こちらはハンバーグと言うよりはメンチかつサンドなのだが、デミグラスソースを絡めているためハンバーグかつと呼んでいるのかもしれない。もしくは、勝手な想像だが、かつサンドに押され気味だったメンチかつサンドの逆転を狙った苦肉の策のネーミングか?
ま、それはさておき、こちらもかつサンド同様、しっとりとした仕上がりで肉厚。ガブッと大口でかぶりつく感じがいい。デミグラスソースはやや甘口だが悪くない。

ここには、このサンドイッチ以外にも魅力的な食品が並ぶ。

120513_10.jpg

ホワイトベーコンが気になる。

120513_11.jpg

ガツやハチノスと言った内臓類が積極的に並んでいるのはお土地柄か?

120513_12.jpg

牛肉だけに留まらず、豚肉の内臓類も。
豚タンは試してみたが、どうせなら牛の方がいい。若干臭みが気になった。

ツマミ類から色々試してみたい。この分では肝心のお肉に辿り着くまでしばらく掛かりそう。




関連ランキング:サンドイッチ | 亀戸駅西大島駅亀戸水神駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/915-26501657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。