Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラール・エ・ラ・マニエール (フランス料理/銀座)
まだ、ゴールデンウィークに入って間もない時、こちらのお店のランチが半額で頂けるクーポンの存在を知った。通常なら二人で10,000円のコースが、更なる割引を駆使すると3,800円弱で頂ける。(二人でですよ!)これは行かなければ!と思い、連休後半のイベントとして組み入れることに。

120505_1.jpg

瀟洒な雰囲気でゆったりとした時間が流れている。

120505_2.jpg

まずは食前酒を兼ねてローヌの白ワインを。

120505_3.jpg

おかわりの度に違う種類を供してくれるパンはどれも美味しい

120505_4.jpg

前菜最初の一皿

まず、パスタ皿にソースが掛かったはまぐりがポツリと控えめに鎮座している。

120505_5.jpg

これにソースを注いでくれるという演出だ。皿の上部にあるのは玉ねぎの一種で、根本まで甘い。

120505_6.jpg

野菜中心の前菜が続く

120505_7.jpg

野菜そのものの美味しさを愉しませてくれる一皿。ココナッツのカヌレが特に印象深い。


ホワイトアスパラを使ったスペシャリティ

120505_8.jpg

この様にホワイトアスパラを縛り、済ましバターを吸わせる。根本の部分と先で染み込み方が違うため、そのグラデーションが愉しめるのが特徴。根本はコッテリと、先はフレッシュな塩梅で、実に贅沢な逸品。まさか、ランチで供されるとは思っていなかったので、ラッキー!

この辺りから赤ワインへスイッチ

120505_10.jpg

メインの鶏料理にあわせて、ピノ・ノワールを供してくれた。


メインの鶏料理

120505_11.jpg

フランス産の鶏肉は濃密な味わいの深さを感じる。シンプルな調理ながら野菜と共に美味しく仕上げている。


野菜スープ

120505_12.jpg

10種類以上の野菜のエキスだけで作ったというブイヨンは自然な旨味がたっぷり。パプリカの甘みが際立っている。


デセール

120505_13.jpg

アイスクリームと柏餅に仕立てたケーキ。どちらも上々の出来栄え。


コーヒー

120505_14.jpg

苦味のバランスが良く普通に美味しい


小菓子

120505_15.jpg

ここまで付いてくるとは、予想外で嬉しい。マドレーヌは焼きたてでアツアツ。ここでも手抜きはない。


振り返ってみるとほとんどディナーメニューと遜色が無い感じだ。これだけのランチを2人で3,000円台で頂けた事にただただ感謝!


ラール・エ・ラ・マニエールフレンチ / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/913-a204cb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。