Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しらこ(日本料理/湯河原)
今回、湯河原行きを思い立った時、真っ先に手配したのが夕食の予約。前回、湯河原を訪問した際は、せきねで頂いたので、今回はしらこでと思い、ダメ元で連絡してみた。これがすんなりOKとなり、にわかに慌ただしくなった。調度良い素泊りの宿を探さなくては!こうして今回の旅が本格的に実現へと進んでいった。

120502_15.jpg

単品メニューもあるがやはりコースで!

120502_16.jpg

お通しは小気味いい美味しさで快調な滑り出し。
灘屋さんの後、チェックインしてひとっ風呂浴び、既にビールを頂いているので、焼酎のソーダ割りを注文。

120502_18.jpg


竹の子のすりながし

120502_17.jpg

出汁のしっかりとした旨味で、その美味しさは健在だ。


お造り

120502_19.jpg

どれも素材の良さには毎回感心させられる。
しまあじ、金目鯛、あじ、くえ、アオリイカ、マコガレイ、〆鯖、真鯛など多士済々。


のどぐろの塩焼き

120502_20.jpg

適切な火加減でパリッと香ばしい仕上がり。お酒も進む。因みに銘柄は花泉が品切れだったため、大七生酛に。

120502_21.jpg


シュガートマトのクリームチーズ掛け

120502_22.jpg

フレンチ的な一皿で、素材同士の相性の良さは想像できるものの、ありそうでなかった組み合わせ。

120502_23.jpg

隠し味として醤油を使用することで、フレンチとは一線を画する和食の一皿として着地している。


鮭の焼きびたし

120502_24.jpg

濃厚な醤油の香りが鼻をくすぐる。勿論、鮭に臭みは全くなく、皮まで美味しく頂ける。これまで頂いた鮭料理の中でもかなり上位にランクイン。


季節の天ぷら

120502_25.jpg

少し衣が多い印象だが、カラッと揚がっていて、油切れもいい。


青さのりの味噌汁

120502_26.jpg

ここでも出汁の旨さが光る。海苔の香りが高い。


桜えびの炊き込みご飯

120502_27.jpg

ここに来たら、最後に土鍋で炊いたご飯は外してはならない。季節柄、竹の子ご飯にも惹かれたが、ひときわ目を引いたのが、桜えび。しかも、乾燥ものではなく、生の桜海老を使っているとのこと。みよ、この桜えびを。

120502_28.jpg

これは大正解。生だけに柔らかく、うっすらとご飯にも風味が移っていて、ふっくらと美味しい。


デザートのピスタチオとごまのアイスクリーム

120502_30.jpg

120502_31.jpg

どちらも香り高く、普通に美味しい。

久しぶりの訪問だったが、味わは以前と変わらずに美味しい。確かなダシに支えられ、どれも確かな仕事。価格的にも大きな変化は感じなかった。

湯河原は震災の影響でまだ客足が遠のいていると言う。そんな中、こちらのお店がミシュランガイド2012年版で1つ星獲得したのは明るいニュースと言える。湯河原だけでトータル4軒が星を獲得。これが呼び水となって以前の活気を取り戻すことを切に願う。


割烹 しらこ割烹・小料理 / 湯河原駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/907-1f933ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。