Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚竹(築地/酒亭)

2007.5.2


宮川で買い物を済ませ、ふと通りの向かいに目をやると「魚竹」の看板が目に入ってきた。この店は土日祝が休みなので今まで訪れる機会がなかった。しかし、今日はお昼も営業しているようだ。今晩はここしかない!と、いうことで一度帰宅しネットで情報収集。開店時間の17:00に訪れた。しかし、待てども待てどもお店が開かない。不安でそわそわし始めた17:30頃ようやくOPENした。
(ということで開店時間は17:30とさせて頂きました)


<付き出しのがんもどき>

よく煮含められていて、濃い目の味つけ。よし、飲むぞという気にさせられる。


<ポテトサラダとブロッコリー>

ビールのあてにポテトサラダは良いのよね~。この店のビールはハートランド。


<たらこ焼き>

たらこ自体もおいしいが火の通しもGOOD!


<竹の子煮>

衝撃の美味しさ。竹の子は黄金色。その身の沈む出汁は水の如し。この出汁は昆布のみでとっているのだろうか?と、思わせるほどの美しさ。しかも香り高い。醤油も存在を感じさせない。しかし塩気はしっかりとしていて、全体にいきわたっている。固形塩ではなく水塩を使っているのかも知れない。素材の持ち味が十二分に生きている。巷では竹の子というと土佐煮や若竹煮に象徴されるようにたっぷりのかつおがつきものだが、全く違う論法で、いまだかつて出会ったことのない美味しさだった。ついついおかわりをしてしまった。



<しめあじ>

身がふっくらと柔らかい。素材の質も高いが、酢の塩梅が実に見事。


<とり貝のあぶり>

かるくあぶることで、よりとり貝の甘味が引き立つ。


<御新香>

何ともよいバランスで、乳酸が強すぎないのが良い。いい意味でのお袋の味。


<中トロのあぶり>

中トロそのものも旨いが、表面を軽くあぶることで全体に脂がなじみ味わい深い。


<厚焼玉子>

ほんのりと甘い家庭的なほっとした味わい。これはご馳走です。ほんとに。


<〆のおにぎり>

空気を含んだふうわりとしたおにぎりだから、すっと入ってしまう。


<のりの味噌汁>

ごらんのとおり、たっぷりののりが香り高い。


どれを食べても料理は質が高い。満足度の高い一軒!
この日の日本酒は〆張鶴、群馬泉をいただいた。




魚竹(築地 / 酒亭)
東京都中央区築地1-9-1
03-3541-0168
11:00~14:00 17:30~22:00
土日祝休

コメント
コメント
是非一度行ってみたいです
魚竹はまだ一度も行ったことないのですが、土日はお休みなんですね。
是非一度行ってみたいです。
2007/05/15(火) 09:27:39 | URL | tanigox #CZbxYCY2 [ 編集 ]
おすすめですよ
店構えは何の変哲もないのですが、肴はどれもおいしいです。週末営業していないと私たちも行きにくいのですが、機会があれば是非訪れてください。
2007/05/15(火) 22:25:34 | URL | フレーダーマウス #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/9-1cee5f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。