Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小南国(中国料理/銀座)
上海から進出したヌーベルシノワのお店。

111120_1.jpg

店内は広くゆったりとした空間が広がる瀟洒な造り。

111120_2.jpg

まず最初に供されたのが、キャラメルナッツ。

111120_3.jpg

ピーカンナッツにキャラメルをコーティングしたもので、テイクアウトすることもできる。キャラメルの香ばしさが絶妙で、ウイスキーの合いの手としても最適。


前菜盛り合わせ

111120_4.jpg

右上から、クラゲは香菜がいいアクセントになって上品な仕上がり。
蒸し鶏も香り高い。サラダは可もなく不可もなし。左上のスペアリブはしっかりとした味わいで美味。

なずなのスープ

111120_5.jpg

優しい味わいで胃袋に染み入る。


葱油と醤油の和えそば

111120_6.jpg

汁なしのシンプルな麺料理ながら、葱油が芳しい逸品。
今年食べた麺料理の中でもかなり上位にランクされる。


本日の点心
111120_8.jpg

白身魚を使った蒸し餃子。餡の塩気が強すぎず、優しい味付けで旨い。


大海老と春雨のXO醤煮込み

111120_7.jpg


こちらはご飯セットのメイン料理。味付けは申し分ないのだが、海老そのものは大味で、クオリティは今ひとつ。ランチだけに仕方ないところか。


里芋の煮込み

111120_9.jpg

こちらはあっさりと上品な味わい。和食とは違う一皿に仕上っていた。


杏仁豆腐

111120_10.jpg

とろりと柔らかいが、エバミルク系のミルキーさで、杏仁霜の香りが物足りない。


全体的に、料理のポテンシャルは高く、夜も食べてみたいと思わせる。
残念なのがぞんざいなサービス。テーブルの皿を直ぐに下げたがるし、料理を持ってくるタイミングも早すぎて、余韻に浸る暇がまるでなく、この店内の雰囲気とは不釣合いな印象を受ける。平日のランチならともかく、週末のランチは、もっとゆったりと時間を楽しみたいのが人情というもの。




関連ランキング:上海料理 | 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/852-b2751431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。