Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺たち越後や(ラーメン/門前仲町)
前々から食べてみたかったラーメンのひとつが、新潟県は燕三条市・杭州飯店のラーメン。いわゆる燕三条系と呼ばれるコッテリ濃厚ラーメンだ。
都内にも数件が進出していることは知っていたが、なかなか機会に恵まれなかった。

それが先日、ごく近くに燕三条進化系と名乗るお店が出来たことを知り、さっそく行ってみることに。

111009_3.jpg

ラーメンメニューは醤油、味噌、塩と、バリエーションは豊富で、燕三条の流儀を全面に押し出している感じでもない。むしろ、店名通り新潟を売り物にしている感じだ。日本酒や肴もあり、夜は飲み屋としての利用が多いように想像される。


やはりここは燕三条の醤油で

111009_4.jpg

確かにたっぷりと背脂が浮いたラーメンではあるのだが、随分とあっさりとしている。煮干し、さば節、カツオ節と言った魚介ダシがかなり効いているので和風のテイストだ。これが燕三条の進化系の形なのだろうか。まず、原型が未体験なので比較が出来ないのだが、既存のイメージからは異なる印象だ。

111009_6.jpg

麺はつけ麺のような太めのタイプ。弾力性に富んでいて、旨味は悪くないのだが、このスープだったら、もう少し細い方が口の中でのバランスは良くなるような気がする、むしろ、米でとろみをつけたという味噌ラーメンにはよさそう。微塵切りの玉ねぎがシャキシャキと瑞々しく、適度な辛味と甘味が添えれられている感じ。


焼き味噌おにぎり
111009_5.jpg

ごはんをバーナーで炙っているのは少し興ざめな感じだが、おにぎりそのものは空気を含んでいて美味しい。にんにくの効いた味噌との相性も良く、お酒も進みそうだ。米質も流石に素晴らしい。





関連ランキング:ラーメン | 門前仲町駅越中島駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 





コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/841-c599ee8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。