Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とり手羽(九州料理/豊洲)
豊洲に出来た新しいビルに飲食店が何軒か入っているのはわかっていたが、なかなか足を踏み入れずにいた。

大手チェーンの臭いがするお店ばかりで、それほど食指は動かないのだが、中でも、一番気になっていたお店に行ってみることに。

110910_1.jpg

ここの売りは九州の手羽先。

店内はかなり広い空間で、天井が高く寛げる雰囲気。
お客の入りも上々。

お通し
110910_2.jpg

親子丼の頭といった感じ。意外と悪くないので、この後に期待。


手羽先(塩味)
110910_3.jpg

皮目はカリッとして、全体的に悪くない。とはいえクオリティ的には、築地の鶏肉屋さんで買った鶏を家で焼いた方が美味しいのは、仕方ないところか。


手羽先(あま辛)
110910_4.jpg

いわゆる焼鳥のタレとは違い、独特の甘みがある。九州の甘醤油がベースになっているようだ。こちらのお店はとことん九州ものにこだわりがありそう。


馬刺し3点盛り
110910_6.jpg

馬刺しのバラエティが豊富。上刺しに加え、タテガミや馬にしかないと言うお腹周りの肉を食べてみた。臭みなどはなく、鮮度はいい。しかしこの希少部位は、どれも歯ごたえがあり、喉が細いと飲み込むまでに窒息しそうになる。


酢モツ
110910_5.jpg

酢モツは柚子胡椒との相性がいい。


とんから
110910_7.jpg

豚足の唐揚げ。表面はカリッと香ばしく、中のゼラチン質はトロリとして、個人的にはこれが一番気に入った。


料理は他にももつ鍋など九州料理が勢ぞろい。料理のほとんどに九州の甘醤油が使用されているので、好き嫌いが分かれそう。
焼酎の品揃えはこの界隈では随一。




関連ランキング:居酒屋 | 豊洲駅新豊洲駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/828-ab46cbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。