Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
萬来園(中国料理/大井町)
昼は一般的な価格での営業を行っているが、夜は高級中華料理店へと様変わりするお店。

110718_1.jpg

事前情報で、見た目は一般的な街場の中華料理店と聞いていたから驚きこそしなかったが、ここで本当に高級食材を使った中華料理が食べられるのだろうか?この期に及んでも信じがたいほど、庶民的な佇まいだ。一抹の不安を抱きつつ店内へ。
店内はカウンターのみで、10人も入れば一杯になってしまうほどだが、休日の17:00にして既に満席。年季の入ったお店だが、掃除は行き届いている。


最初は前菜の盛り合わせ

110718_2.jpg

どれもいい仕事をしていて、手抜きがない。個々に香り高く、この先の料理に期待を抱かせてくれる。
枝豆すら、中華の味に仕上がっているところが凄い。


チャーシュ

110718_3.jpg

その場で切り分けてくれるので、しっとりとして旨味も十分。八角がほんのりと香る。


モロッコインゲンのピーナッツ和え

110718_4.jpg

モロッコインゲンがかくも美味しくなるのだろうか。シャキシャキとした食感もさることながら、ピーナッツの芳ばしい香りとの相性がいい。


蒸し鶏

110718_5.jpg

こちらもしっとりとした仕上がりで、香菜がいいアクセントになっている。


大海老の山椒風味

110718_6.jpg

こちらのお店はまず素材ありき。ご主人のプレゼンで入荷している素材の説明を受け、何を食べたいかを選択。さらに、それらをどんな調理で食べるか、相談してから初めて料理にとりかかってくれる。この日は大海老をカラリと揚げて、山椒をたっぷり効かせたピリ辛タレを絡めて頂いた。これは正解!


マコモ茸の牛肉巻き オイスターソース煮

110718_7.jpg

この日の中でも特に秀逸だった一皿。まこも茸の食感とオイスターソースの香りとの塩梅が見事。


酢豚

110718_8.jpg

シンプルながら優しくも力強い味わいだ。


冬瓜の炒め

110718_9.jpg

食感の良さと香りの高さ。見た目以上に味わい深い逸品。


夕顔

110718_10.jpg

中華料理ならではの食材で、その奥深さを感じさせてくれる一皿だ。


蒸しあわびの煮込み

110718_11.jpg

これで美味しくないわけがない。既にお腹いっぱいだが、スルッと入ってしまう。


青海苔ソバ

110718_12.jpg

鶏のスープと青海苔がことのほか、よくあう。


杏仁豆腐

110718_13.jpg

本物の杏仁霜を使った本格派。それだけに香りが違う。


マンゴープリン

110718_14.jpg

濃厚な風味とすっきりした後味が特徴的。


自家製桃の甘露煮

110718_15.jpg

こちらは最後にサービスで供してくれた。お庭で取れた桃を甘露煮にしたもので、こころ安らぐ味わい。




関連ランキング:中華料理 | 大井町駅鮫洲駅青物横丁駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/803-a2de91c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。