Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京金(そば/森下)
ちょっと遅めの昼食を森下の京金で。

110216_1.jpg

平日のランチとしては少々お値段が張るが、奮発して限定10食の「そば御膳」を注文。

そば豆腐とマグロの山かけ、てんぷらの盛り合わせにもりそば又はかけそばとわらびもちが付いて2100円也。魅力的なラインナップだ。

そば豆腐
110216_2.jpg

そば粉のほんのりとした甘みが活きている。ごま豆腐より脂気も甘味もあっさりしているので酒肴に最適。しかし今日は昼から飲み呆けていられない。我慢!


マグロの山かけ
110216_3.jpg

とろろ芋はあらかじめ出汁醤油で味付けされていて、マグロはヅケの仕事が施されている。またもや昼酒気分がグッと盛り上がる一品だが、午後の予定を考えて何とか耐える。


天ぷらの盛り合わせ
110216_4.jpg

欲を言えば、もう少しカリッと揚げてほしいところなのだが、そば店の天ぷらとしては十分満足といえる。海老のほかにたっぷりの野菜。特筆すべきは干し柿の天ぷらだ。肉厚の果肉は上品な甘さで、衣の油と塩気が旨味を増幅させている。

110216_5.jpg


もりそば
110216_6.jpg

香りはもうひとつだったが喉越しは良く、ツユもキリリと引き締まっていて美味い。


そば湯
110216_7.jpg


わらびもち
110216_8.jpg

本わらびを使用しているとのことで、見た目も麗しいがお味のほうも本職顔負け。もっちりツルツルの舌触りで、添えられた黄粉と黒蜜の薫りも濃厚。

ご主人をはじめ、店員さんのサービスは気配りが行き届いていて、いかなる時も悪い気分になったことのない良店。生そばの持ち帰りにも快く応じてくれる。

京金 そば(蕎麦) / 森下駅清澄白河駅菊川駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/774-b16dc331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。