Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーグードゥジュール メルヴェイユ(フランス料理/日本橋)
日本橋高島屋にほど近い、路地にさりげなく店を構える。
あまり目立たないので、うっかり通り過ぎてしまった。

110206_1.jpg

初めてだったので、一番手頃な3,400円のコースを頂いた。
前菜+メイン(魚料理もしくは肉料理)+デザート+コーヒーという内訳。

パン
110206_2.jpg

もっちりとした食感で、料理と一緒に食べるのに適している。2つ目からは、クミンを練りこんだパンに変わるが、こちらも同様のタイプで香り高い。


バターには塩が添えられている
110206_3.jpg


前菜の魚介類のマリネ
110206_5.jpg

こちらはシェフのスペシャリテとのこと。
ボタンエビやホタルイカ、水ダコ、ホタテなど6,7種類に及ぶ魚介のマリネの下には、リンゴのピューレとパセリの根で作ったクーリが添えられている。リンゴのピューレの酸味とパセリの根のクーリのほろ苦さが魚介の穏やかな甘味を一層引き立てていた。


ブーダンノワール
110206_4.jpg

ブーダンノワールというと、甘めのピューレと共に食べさせるところが多いのだが、こちらのお店では、ソテーした新たまねぎの甘さがその役割を担っている。変に甘すぎないところがいい。ブーダンノワールそのものも臭みがなく秀逸。


メインはフランス産のホロホロ鳥のグリエ
110206_6.jpg

低温でじっくりと焼かれたホロホロ鳥は、身がしっとりとして柔らかく、皮目はカリッと香ばしい。絶妙な火加減だ。マデラ酒を使った濃厚なソースとの相性もいい。付け合せの野菜も美味。

桜のシフォンケーキ
110206_7.jpg

桜の塩漬けを細かく刻み、生地に練りこんで作られたもの。
下にはフランボワーズやブルーベリー等の果物と共に、ホワイトチョコレートのアイスクリームが華を添える。このホワイトチョコレートのアイスクリームの出来がいい。


オレンジのクレームブリュレ
110206_8.jpg

下に敷かれたピスターシュソースの香ばしい風味と、オレンジの爽やかな酸味、程良くキャラメリゼされたおコゲのビターな味わいがバランスよくまとまっている。


コーヒー
110206_10.jpg


お茶菓子
110206_9.jpg

最後に供されるのがフィナンシェ。中はしっとりとして、表面はカリカリの食感で旨い。

全体的にそつなく良くまとまっていて、欠点が少ない料理という印象を受けた。完成度は高く、隙がない。料理によってはもう少しポーションが欲しい気もするが、日本橋という場所柄、仕方ないか。




関連ランキング:フレンチ | 日本橋駅京橋駅宝町駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/768-5863939a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。