Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上海生煎包(小籠包/新大久保)
新大久保から大久保駅にかけては、韓国色がやや影を潜め、中国やタイなど、他のアジアン料理のお店が増えてくる。大久保通り沿いを歩いている時、焼き小籠包のお店に遭遇。

110123_20.jpg

見るとなかなか美味しそうな面構え。
どうやら、鉄鍋で焼いているのが特徴のようだ。

110123_23.jpg

出来立てを店内の立ち食いスペースで試してみることに。

110123_21.jpg

アツアツなので、食べ方に気をつけなければいけない。せっかちに、丸ごと口に放り込むと大変なことになる。まずは上部の柔らかい皮を食い千切り、中のスープをすする。次に餡と皮を一緒に味わい、最後に底部のカリカリした食感を愉しむ。

110123_22.jpg

餡には濃い目に味が付けられているので、何もつけなくても十分食べ応えがあるが、備え付けの黒酢を付けるとサッパリしてまた良い。挽肉の旨味を吸い込んだスープもたっぷり入っている。

蒸し物とは違う、香ばしい皮の風味が悪くないのだが、長時間作り置きされた物にあたると、カリカリを通り越してバリバリになっている。店頭の鍋の様子を確認してから注文したほうが良いかも。



関連ランキング:上海料理 | 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/764-1bdee5c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。