Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚竹 (酒亭 / 築地)

夏季休暇3日目のメインイベントはお気に入りの魚竹。13日~15日は営業との情報を聞きつけて出掛けた。

<お通し>

ブロッコリーの茎と大根の煮物。ブロッコリーの芯が柔らかく煮込まれ、だしのいい味がしみこんでいる。大根はお刺身のつまの様だが、こちらも優しい味。冷菜だけに爽やかに頂ける。これは手軽に真似ができそうだ。

<お刺身3品盛り>

この日のお刺身は平政、するめいか、まぐろ。特に平政がいい。

<新子>

角の丸い柔らかな〆具合。きゅうりとの相性も良い。

<げそと里芋の煮物盛り合わせ>

いがげそは噛めばプツリと歯ごたえがよく、里芋もいい塩梅に味が染みこんでいた。

<おくらおひたし>

おくらのおひたしに和辛子がよく合う。

<ししゃもの稚魚>

日本酒のアテに最高。日本人でよかった。。と思う瞬間。


お店のお母さん手づくりの御新香。ほどよい漬かり具合。いつも変わらぬ味にホッと一息。

<たこぶつの塩あぶり焼き>

あぶり焼きというように、軽い火の通しで食べさせてくれる。ほんのりと甘い。

<しめその1>

いわしの丸干し茶漬け。滋味深い出汁に、香ばしく焼かれた丸干しの塩気が溶け出して実にいい。お茶漬けランキングをつけるとしたら上位入選は間違いない。

<しめその2>

魚竹ならではの逸品、明太子おじや。はずせない。


魚竹(築地 / 酒亭)
東京都中央区築地1-9-1
03-3541-0168
11:00~14:00 17:30~22:00
土日祝休

   にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/75-a19a49e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。