Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンテサンス(フランス料理/白金) その3
フロマージュ
101218_18.jpg

普通、食後のチーズは厳選されたチーズのワゴンが運ばれるのが一般的だが、そんな当たり前の常識もこちらのシェフの前では意味をなさない。
すべて彼のフィルターを通じて供される。
今日のフロマージュは2種類のチーズのフォンデュ仕立て
まったりと舌に絡みつくように濃厚なのに後味は爽快。


アバンデセール
101218_19.jpg

洋梨のシャーベット。キューブ状にカットした洋梨が添えられている。口の中をすっきりとリセットしてくれる。


これまた、カンテサンスならではという一皿。
101218_20.jpg

ここにきて、またもやたっぷりのオイル。しかしこのピスタチオオイルが香ばしく、一滴のエスプレッソコーヒーと想像以上の好相性をみせる。器の中では決して混ざり合うことのない油と液体と固体が、口の中で調和する感触は鮮烈だ。


マシュマロのキャラメル仕立て
101218_21.jpg

食感は本当にマシュマロそのもので、口溶けがすこぶる良い。他のデザートと比べるとインパクトは少ないが普通に美味しい。


メレンゲのアイスクリーム
101218_22.jpg

これは一体、何ということだろうか。メレンゲをアイスクリーマーで回して、冷凍保存することなく、アイスクリーマーから直接お皿に盛りつける。味付けは石川県の水塩のみ。至ってシンプルなアイスクリームだが、これ以上何もいらない。驚くべきはその食感。出来立てのアイスクリームとは、かくも滑らかで旨いものなのか。度肝を抜かれた。


カプチーノ
101218_23.jpg

ビターで美味しい。


エスプレッソ
101218_24.jpg

こちらのお店ならアンフュージョンにすればよかったかと少し後悔。


最後の一品
101218_25.jpg

けしの実をまぶしたホワイトチョコレート。黒も白も、味は同じだと言われたが、一応比較してみたが、成程、同じ味。


実に唸りっぱなしの4時間だった。
フランス料理という手法は使っているが、その枠には捕らわれない、シェフの世界観が愉しめる。いま、最も旬なレストランの一軒だろう。


レストラン・カンテサンス フレンチ / 白金台駅目黒駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/739-68edc115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。