Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一保堂茶舗 喫茶室 嘉木(日本茶/丸の内)
一保堂茶舗がオープンした。東京丸の内店と銘打っているが、東京駅よりも有楽町駅の方が近い。
店先には舞妓さんと芸妓さんがいたりして、初日からなかなかの盛況ぶり。

101212_1.jpg

店頭販売のほか、喫茶室を併設している。
折角なので、こちらでお茶を頂くことに。

101212_2.jpg

「雲露」
101212_3.jpg

全てのお茶にお茶菓子が付く。
今日頂いたのは、富ヶ谷の岬屋さんのお菓子とのこと。

101212_5.jpg

茶葉はこのような小さい茶筒の中に入っている。12グラムと量もたっぷり。

101212_6.jpg

お店のお姉さんがベストの入れ方を教授してくれる。
こちらのお茶は熱湯を注いで20秒がベスト。最後の一滴がいちばん美味しいとのことなので、漏らさず注ぐ。

101212_4.jpg

すっきりした味わいの中に、ほのかな甘さが潜んでいて実に染みる。
二煎目からは、茶葉が充分開いているため、お湯を注いで直ぐに煎れていい。
茶葉をたっぷりと使うので、二煎、三煎でもへたらない。


続いて、薄茶は「北野の昔」。
101212_7.jpg

こちらには、また別のお菓子が供される。
薄茶の塩梅も流石に素晴らしく、円やかで香り高い。

お値段は、どの品も1,000円以上と決して安くはない。
しかし、何煎もいただけて、ゆっくりと過ごせる時間も考えると納得。

店頭ではお茶の販売をしている。独立した店舗だけに種類は豊富。
101212_8.jpg

茶器なども揃う。
101212_9.jpg

お正月用の縁起物「大福茶」の販売が始まっていた。
101212_10.jpg



関連ランキング:日本茶専門店 | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/732-59e610ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。