Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ECHIRE MAISON DU BEURRE(ケーキ/丸の内)
久しぶりにエシレへ出掛けた。お昼を少し回ったくらいの時間だったが、既にクロワッサンやサブレなどの人気商品は売り切れていた。
名物であるホールのお菓子は若干残りがあったのだが、次の日までという消費期限とボリューム(カロリー)の多さを考慮した結果、これは体が許さないだろうということで、あえなく断念。

ドゥクレーム
101206_2.jpg

エシレのバターを惜しみなく使ったお菓子は、上品な乳脂肪の甘みと濃厚な香りで、何とも言えない極上の味わいに仕上がっている。特に生地の下部、レーズンバターゾーンがいい。

エクレール・ショコラ
101206_3.jpg

エシレのケーキの中では比較的お手軽価格の368円。
断面はこんな感じ。

101206_6.jpg

このチョコレートクリーム!滑らかで濃厚!バターのコクとカカオの香りのシナジー効果が感じられてGood!


シュケット
101206_4.jpg

パイ生地にもしっかりバターの香りが感じられ、味そのものは悪くないが、ややパッサリしている。トッピングのあられ糖がほんのりとした甘さで良い。


フィナンシェ
101206_5.jpg

シュケットより更にバターの風味が濃厚になる。何日かするとバターが生地により馴染んで、香りが全体に行き渡り味わいを増す。ただ、エシレの焼き菓子はかなり強く焼き色が付けられているので食感は固めで、しっとり感は少ない。
この日、マドレーヌも購入するも、写真を撮り忘れてしまった。味の印象はフィナンシェと変わらない感じ。

ECHIRE MAISON DU BEURRE パン / 二重橋前駅有楽町駅東京駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/728-37aa87aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。