Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヂンギス邸(ヂンギスカン/門前仲町)
食べログチケットの第2弾!コース料理に飲み放題が付いて、2,500円とかなりお値打ちだったので購入した次第。
場所は永代通りから一本入った、飲み屋さんがひしめく門前仲町でも一番賑やかな裏通りに面している。

101204_1.jpg

ジンギスカンとくれば、どうしてもビール主体の構成になる。
飲み放題はビール、サワー、ワイン、ウイスキー等。

101204_2.jpg

焼酎も飲み放題にするなら別途、300円が必要だ。
因みにサワーは甘め。これなら、お茶割系の方がいい。

タタキ
101204_4.jpg

生の羊とは珍しい。肉の甘さが際立つ。臭みは殆ど無い。


ほうれん草のサラダ
101204_5.jpg

細切れのベーコンが乗っていたが、豚なのか、羊なのかわからない。


タレに入れるにんにくと一味唐辛子。
101204_6.jpg

どちらもたっぷりと入れるのが正解。

野菜とともに七輪の登場
101204_7.jpg

もやしや玉ねぎは定番だが、予想以上に良かったのが長ネギ。鴨と同様、濃い香りの脂を吸い込むと旨さ倍増。

続いてコースのお肉。
101204_8.jpg

左上から時計回りに、羊タン、ベーコン、肩ロース、FIラフォース(別品種の羊)の肩ロース。


羊タン
101204_9.jpg

こちらにはあらかじめ塩コショウが施されているので、タレは使わずに頂く。コリコリのしっかりとした歯ごたえ。初めての経験だったが、案外いける。


ベーコン
101204_11.jpg

こちらはそのままでも食べられるということなので、まずはそのまま。普通に美味しいが、あまり羊を食べている感じがしない。珍しいとは思うが、ありふれたハムの様な味で、面白味には欠ける。


肩ロース
101204_12.jpg

肉質は上々。臭みは全くない。


F1ラフォースの肩ロース
101204_13.jpg

F1ラフォースとは、顔の黒い羊の品種らしい。これが、肉の色あいからして違う。
味わいは、見た目以上に歴然と異なり、熟成した肉の旨味が感じられる。例えるなら、普通の豚とイベリコ豚くらいの差がある。これまで経験したことのない味だ。脂の旨味が濃い。


デザートのプリン
101204_14.jpg

バニラアイスクリーム
101204_15.jpg

これは特にどうということはない。

飲み放題付きで2,500円はかなりお得と言える。
肉のクオリティも高く、十分満足できる。

しかし、店内の構造が悪すぎる。居抜き物件なのだろうが、かなり無理な相席を強いられる。居心地は決していいとは言えない。人数が揃えられるなら6人くらいで行くのがベスト。

七輪の効果で上半身は温かいが、足元の寒さときたら半端ない。掘りごたつのようになっているのだから、ホットカーペットを敷くとか、何らかの改善が必要。



関連ランキング:ジンギスカン | 門前仲町駅越中島駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/726-b140e96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。