Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんで、や(すし/豊洲)
豊洲の居酒屋「なんで、や」に裏を返しに出掛けた。
今回は土日限定で営業している回転寿司に。

101127_11.jpg

前回、夜に居酒屋ゾーンを訪れた時は、回転寿司に行列が出来ていたが、この日のお昼は空いていた。

こちらの回転寿司は「まぐろ人」よりも安価な設定で、一皿100円~300円。ものによっては一貫のみのネタもあるようだ。


北寄貝
101127_12.jpg

貝とまぐろの評判が良いようなので、今日は変わった入り方をしてみることに。
前回、居酒屋で頂いた刺身の方が良かったかも。


中トロ
101127_13.jpg

次はもうひとつの看板ネタ、まぐろ。かなり早めだが、中トロを注文。こちらはなかなかいい。


炙り〆さば
101127_14.jpg

魚そのものに脂がよく乗っていて、炙ったことで香ばしさも出ている。これは今日一番の収穫か。


北海生タコ
101127_15.jpg

見るからに鮮度が良さそう。まずは塩を掛けて頂いた。これが正解。タコの甘みが際立つ。身も柔らかい。


北海生タラ
101127_16.jpg

江戸前の寿司屋では扱わないネタだ。確かに噛むほどにタラの香りが広がる。普段食べつけないだけに面白い。


この辺りから少しずつお客さんも入りだしてきた。レーンには玉子のみが回り始める。

101127_17.jpg


びっくりネギトロ
101127_18.jpg

どんな仕掛けなのかと思って頼んだのだが、単にデカ盛りだった。そういえば、銀座にまぐろ人があった頃、食べたような気がする。お酒でもあれば、アテになるが、この日はノンアルコール。おすしとして食べるには多すぎる。のりが足りない!


大トロ
101127_19.jpg

こちらは一貫ネタ。正直、これならば中トロでいいかな。


穴子一本握り
101127_20.jpg

はみ出した部分がつまみとしても楽しめそうだ。それもお酒があってのこと。普通に食べる分には、切り身の穴子で十分な気がした。

価格設定が一皿300円以内というのは嬉しい。その代わり、握りは小ぶりなのでついつい食べ過ぎてしまう感じ。でも、変に大きすぎるよりはバランスがいい。酢飯も割とよかった。

居酒屋の方もお昼からの営業していたので、お店の人に聞いてみると、週末のお昼はランチなどではなく、居酒屋として営業しているらしい。昼酒を堂々と飲めるお店が近所にあるのは心強い限り。


なんで、や(すし/豊洲)

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/722-bcda8c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。