Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石挽 手打ち いわもと(そば/東陽町)
砂町銀座商店街での買い物帰り。普段通ったことがない脇道を自転車で通り掛かった際、気になるお店を発見。新そばの季節になったので、出掛けてみることに。

101128_1.jpg

この佇まい。なかなか良い感じ。

前日にワインをしこたま飲んでいたので、あまり昼酒気分ではなかったのだが、メニューを見ると食指を動かされるおつまみ類が多い。…それなら、仕方ない。
ということで、こういうことになってしまった。

101128_2.jpg

日本酒は貴を注文。メニュー左端には燗酒の温度と呼称が書かれていて、かなりのこだわりを感じる。

101128_10.jpg

因みに今回はぬる燗(40度)を注文。上燗、熱燗が5度刻みとなる。


最初のおつまみは千寿葱二品

101128_3.jpg

右からぬたとねぎ焼き。ぬたの酸味が日本酒に程良く寄り添う。ねぎ焼きは鴨の脂で香ばしく焼きあげるなど、心遣いが憎い。これはのっけから、かなり期待が持てそう。


鳥焼き
101128_4.jpg

塩とタレが各々供される。鳥は肉厚でとてもジューシー。臭みは全く無くクオリティが高い。


親子丼セット
101128_5.jpg

親子丼に、かけorもりがチョイス出来る。今回はかけそばに。
この親子丼。只者ではない。上に生玉子が添えられているので、親子三代丼というべきか。この玉子がふっくらと肉厚。軽やかなダシの味がとてもマッチしていて、黄身がレアな部分は玉子かけご飯の醍醐味も満喫できる。


2段天せいろ
101128_7.jpg

そばはタイミングを見計らって二枚目を供してくれる。新そばと考えると香りは少し物足りない。つゆがサッパリと淡いタイプなので、そばとの相性は悪くない。

101128_8.jpg

てんぷらが付いても1,250円とお値段も良心的。衣は少し厚めだが、この値段なら文句はない。


そば湯
101128_9.jpg

とろりとしたタイプで美味しい。

総評としては大正解。特にそば屋で飲むのが好きな人にはとてもいいお店だ。また、親子丼も東京で食べられるものとしてはかなり上位に入る。そばのみの評価だと、やや求心力が弱いかも知れないが、親子丼のためにわざわざ行く価値があると思う。



関連ランキング:そば(蕎麦) | 東陽町駅木場駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/721-5d43060c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。