Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャン・ポール・エヴァン(ショコラ/六本木)
牛和鹿で焼肉を堪能した後、ミッドタウンに立ち寄った。
お目当ては、ジャン・ポール・エヴァン。

101124_1.jpg

壮観!どれもいい面構えをしている。全部チョコレートベースだけに、かえって迷う。

101124_2.jpg


ケーキは3種類購入。

101124_3.jpg

左からモンブラン、マルキーズ、ピラミデ。


モンブラン
101124_4.jpg

栗の香りが濃厚でガツンと甘い。おでこと鼻の下辺りに汗がにじむほど。毎日摂取してはいけない糖度だが、たまに食べると妙に染みる。チョコレートの生地とマロンピューレ、クリームのバランスが絶妙。


マルキーズ
101124_5.jpg

こちらはチョコレートが満喫できるケーキ。濃厚かつクリーミーな味わい。


ピラミデ
101124_6.jpg

ピスタチオを使ったチョコレートケーキ。確かにピスタチオが香る。チョコレートとピスタチオの相性が思いの外、良くマッチしている。大人の味だ。


リスフレ レのブーシェ
101124_8.jpg

流石はジャン・ポール・エヴァンのブーシェだ。ショコラの旨さが尋常じゃない。高いだけの価値はある。ミルキーなショコラとキャラメルの間に、ほのかな塩気の層があり、甘さの中にも凛とした気品が漂う。

101124_9.jpg

コーヒーではなく、良質のモルトウイスキーと共に。


フランボワーズのブーシェ
101124_10.jpg

これは参った!個人的にはこちらのブーシェの方が好みだ。フランボワーズの酸味が程よくカカオと溶け込んでいる。何とも上品な味わい。

101124_11.jpg

パリの本店で食べた感動が蘇ってくる。今回は購入しなかったが、あの時食べたマカロンも美味かったなぁ。



関連ランキング:チョコレート | 乃木坂駅六本木駅六本木一丁目駅

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/717-60ca911c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。