Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万世橋酒場 (居酒屋 / 秋葉原)

秋葉原にある肉の万世ビルの1Fにある居酒屋。平日の昼は排骨ラーメン、夜は串揚げ立ち飲み酒場となる。出掛けたのは土曜日だったのだが、カウンターには椅子が設置されていた。もしかすると平日と週末では若干システムが異なるのかも知れない。

お酒は迷わず黒ホッピーを注文。この店ではホッピー用の焼酎としてキンミヤ焼酎を使用している。



もつ煮込み。さすがお肉屋さん。もつそのものに弾力性があって旨い。



肉みそ玉子。肉みそ料理は、ほかに茄子肉みそ、大根肉みそがある。この肉みそにはうっすらと八角が効いている。この香りが個性的なのだがうるさ過ぎず、更に酒を誘う。



チャイナ小鉢。メンマやチャーシュー、きくらげにきゅうりなどを和えたもの。



旨きゃべつ。その名の通り、キャベツが旨い。少し余った肉みそに使うつもりで注文したのだが、キャベツについて来た味噌が十分に美味しかった。



串揚げ各種。豚肉、とり、和牛、なす、たまねぎを注文。ソースは別皿で出されるので2度づけもOK!



じゃがすじ。牛すじ煮にじゃがいもが入ったもの。牛すじは少し脂が多く好みではなかったが、その旨味を吸ったじゃがいもは最高。



いもスティック。表面はカラッと、中はほんわり揚がっていて塩加減も上々。芋焼酎にベストマッチ。

秋葉原は、普通の大人が飲むには微妙な店が多いが、ここは浮世の憂さもお財布の軽さも忘れて飲める良い酒場。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/64-c81212ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。