Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参鶏湯をつくってみた
ここ数年、食べに行くだけでは飽きたらず、色々な韓国料理を自作している。
最近のお気に入りはモモ肉で作る参鶏湯。

もちろん丸鶏で作るのが望ましいが、ウチの場合、2人で丸鶏は食べきれない。
モモ肉でも工夫次第でかなり本格的な味を再現できるので
簡単に作り方をご紹介!

【材料】
モモ肉(なるべく大きい物)1枚
もち米1/4カップ 
乾燥ナツメ 2~3粒
朝鮮人参 1本 
銀杏もしくは栗 適量  
鶏ガラスープ 
青ネギ

100228_2.jpg

もち米をお茶パックに入れて30分程度水に浸す
(写真は2枚分用意しています)

100228_1.jpg

モモ肉は具材を包みやすいよう、均一な厚さに開く

100228_3.jpg

具材を包みやすい位置に配置

100228_4.jpg

100228_5.jpg

たこ糸でしっかりと縛る

100228_6.jpg

鶏ガラスープを1500cc程度用意する

100228_7.jpg

ウチは自作の鶏ガラスープを使用しているが、市販の鶏スープでもOK!但し、市販の物は塩気が強いから、最後の味付けの際に注意が必要。

沸騰したスープに投入。

100228_8.jpg

蓋をして、強めの中火で30分。
その後、弱火に落として3時間~4時間。
時々蓋を開けて様子を確認。スープが減ってしまっていたら随時、水を足す。

煮込み終了時はこんな感じ

100228_9.jpg

身を崩さないように注意しながらたこ糸を外す。
塩コショウで味を調えてからチゲ鍋に移し、青ネギを散らす。すぐに食べない場合は、肉を引き上げてスープと別に保存した方がよい。

100228_10.jpg

ホントにジューシーで美味しい。
骨が無いので食べやすいし、オススメです!

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/576-fed49fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。