Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅で大つけ麺博 前編(つけ麺)
昨年12月、たまたまテレビを見ていたら、テレビ朝日の通販番組で6店舗のつけ麺がセットになった商品を紹介していた。
寺門ジモンが紹介する商品を買うことにかなり抵抗はあったが、その気持を凌駕するほどの名だたる名店が揃っていた。
年末に届くのなら、年越しそばはつけ麺で!と思い、早速注文。

お店の名前だけで購入してしまったため、商品の詳細を理解していなかったのだが、どうも大つけ麺博のつけ麺を自宅で食べられるセットだったようだ。

以前、このブログでもレポートした大つけ麺博。
選んだお店がハズレだったのかもしれないが、あのイベントはかなりイケていない印象を受けた。
一抹の不安を感じたが、結果的には大正解だった。

どのつけ麺も、麺、スープ共に冷凍された状態で送られてくる。

100210_2.jpg

具材もスープと一緒に冷凍されている。
冷凍すると、麺はグルテンを分泌するため、熟成され、より旨みが増しているようだ。

最初に頂いたのが、松戸にある「とみ田」のつけ麺。

100210_1.jpg

麺はやや黒味がかった太麺でしっかりとコシがある。

100210_4.jpg

つけ汁はかなり濃厚でガツンとした味わい。豚骨をベースに魚介の味が色濃く香るダブルスープのつけ汁は、太い麺との相性も抜群。

100210_3.jpg

具のメンマ、チャーシューも旨い。
これには正直、目が覚めた。
大つけ麺博の悪印象を払拭した一品。

つづいては東十条の「ほん田」

100210_5.jpg

麺はもっちりとして、つるつるとした食感で旨味がある。

100210_6.jpg

こちらのつけ汁も豚骨ベースで、魚介系のスープをブレンドしたものだが、優しいまろやかな味わい。

100210_7.jpg

かつお節などの香りは強すぎず穏やかで、何か別なものの存在を感じる。ホタテエキスか?

これらのつけ麺は、晩御飯の締めに1人前を二人で分けて頂いていたのだが、そのくらいが丁度良い。

続きは後編で・・・

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/567-dea30592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。