Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャンナム家(韓国料理/新大久保)
お正月に外食を、と考えた際、真っ先に頭に浮かんだのは新大久保のコリアンタウンだ。

昨年は随分と韓国料理を食べた1年だったが、不思議と
カムジャタンを食べる機会には恵まれなかった。
今年の韓国料理1食目はカムジャタンでいこう。

韓国では旧暦を祝うので日本の正月は通常営業している筈。特に予約をとらなくてもやっている店はあるだろうとタカを括って出掛けてみた。

本命は、久しく訪れていない松屋だったが、営業は17時から。元旦は休んでいたようだ。
夜昼兼ねた食事にしようと思っていたので、到着したのが15時と中途半端。これから2時間も潰すのは苦しい。
急遽、ターゲットをチャンナム家に変更。
こちらは思った通り営業中だった。

パッチャン
100102_1.jpg

シンプルながらどれも美味しい。キムチ、カクテキ、オイキムチなどの漬け物類は勿論のこと、見た目は華がないワカメの和え物も結構いける。豆腐は温かく、韓国風湯豆腐の様相で、塩梅もGOOD!

カムジャタン
100102_2.jpg

じゃがいもは一口サイズにカットされ入っている。
松屋のように丸ごとゴロッと煮込まれているのも豪快で良いが、こちらの方が食べやすく、数回に分けて楽しめる。

100102_3.jpg

スープの美味しさは特筆もので、コクがあり滋味に富んでいる。
寒い日には芯まで温まる格好の料理といえる。
しかし、常に骨にしゃぶりつくことになるので、蟹以上に黙り込んでしまうメニューだ。

締めは雑炊で
100102_4.jpg

最後の雑炊が美味しいのは日本も韓国も同じ。

100102_5.jpg

余りはおみやげにして貰った。翌日でも十分に旨かった。

お正月ということもあって、最後におまけでケランチムをサービスしてくれた。しっかりと濃い味わいで、カムジャタンの口直しに良かった。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/552-dfeed519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。