Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エシレ・メゾン デュ ブール((ケーキ/丸の内)
丸の内ブリックスクエアに高級バターで有名なエシレの専門店がオープンした。世界初だという。
発酵バターを愛する我が家としては見逃せない。

091213_1.jpg

お目当ては3種のクロワッサンと、バターケーキ「ガトー・エシレ ナチュール」だ。

しかし呑気に夕方出掛けたら、どちらも完売!
リベンジを誓いつつ、マドレーヌとフィナンシェ、ミゼラブルを
購入してみた。

091213_2.jpg

ミゼラブル
091213_3.jpg

ダックワーズ生地とバタークリームがミルフィーユのように
層を構成しているケーキで、見た目はとてもシンプル。
冷蔵庫から出したてではなく、室温に戻してから食べた方がより美味しいとのこと。

口に入れた瞬間、脳裏に回転する赤色灯がよぎり、サイレンのような警告音が鳴り響いた気がする。

これは、いかん!
1ピースで成人男性一日分の消費カロリーを優に上回るのではないだろうか?
・・・しかし、旨い。旨すぎる。
バタークリームはエシレの発酵バターそのもので、濃厚かつ滑らか。実に贅沢で豊かな香りが漂う。

マドレーヌ
091213_4.jpg

かなりしっかりと強めに焼き込まれている。
勿論、たっぷりと使用されたバターの風味が濃い。
縁側部分の焦げ目が旨い。

フィナンシェ
アーモンドプードルの香りを上回るほど、バターの香りが強いので、マドレーヌとの差別化が出来ていない感じ。
でも、美味しくないわけではない。

但し書きによれば、マドレーヌやフィナンシェは2~3日おくと
バターが馴染み、しっとりとした食感が楽しめるらしい。
フィナンシェの味わいにも変化があるかも知れない。

いやー、それにしても!
これはしょっちゅう食べてはいけないだろう。
お目当ての品は未購入だが、飽食が予想される年末年始を控えているので、しばらく近寄らないようにしなくては。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/532-e50ce7d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。