Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚竹(酒亭/築地)
平日なかなか行けない魚竹に。

お通し

091029_01.jpg

アラのネギ和え?と言った感じ。しっかりと濃いめの味付け。
これは日本酒用にキープだ。

小松菜と釜揚げしらすあえもの
091029_02.jpg

この釜揚げしらすが旨い。

〆さば
091029_3.jpg

臭味は全くなく、品のよい淡い酸味が心地良い。
さばそのものの旨味が力強くて落頬もの。

白イカのげそ焼き
091029_4.jpg

ゲソ部分は身が柔らかくしっとりとしてる。
頭の部分はコリコリとした歯ごたえで絶妙な火加減。

ぬか漬
091029_6.jpg

魚竹に来たらお母さんのぬか漬けは外せない。

牛肉とごぼう煮
091029_5.jpg

牛肉はあくまでも脇役で、ごぼうの味を良くするためのダシと言っても過言ではない。
歯応えを残しつつも、しっとり柔らかく煮付けられたごぼうの旨いこと!
やや甘めの味付けながら、お酒のアテには最適。

ししゃも
091029_7.jpg

この季節限定の雄ししゃも。
ししゃもというと「子持ちの雌」という先入観があるかも知れないが、身は子に栄養を盗られた雌よりも雄の方が断然美味しい。
ふっくらホクホクの焼き上がりで上品な味わい。

岩のりの味噌汁
091029_8.jpg

いつもの定番。こちらも最後の締めくくりには外せない。

おにぎり
091029_9.jpg

3コ注文したら、しゃけ、じゃこ、昆布の3種類が供された。
どれも口に入れた瞬間、はらりと崩れる。
上等な握り鮨のように空気をたっぷりと含んでいて絶品。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/507-169a7335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。