Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天朝(てんぷら/新富町)
この日は新富町の「天朝」でランチ。

091022_1.jpg

カウンター10席のみの小体な店だが、そのカウンター席の
正面に大きな腰高窓があって、風情ある坪庭を眺めながら
頂く天ぷらはなかなか乙なものだ。

ちょっと奮発して竹コース(\2600)
091022_2.jpg

サラダ小鉢とお新香
091022_4.jpg

パリッと瑞々しいサラダ。ドレッシングも美味しい。
こういう小鉢物にまで神経が行き届いている感じ。

091022_3.jpg

お漬け物も香りが良い。

えび
091022_5.jpg

プリプリと跳ね返すような弾力があり、旨味も強い。
このコースなら輸入物なのだろう。

蓮根
091022_6.jpg

火傷しそうで火傷しない絶妙な火通し。カリッとした薄衣が程よく寄り添っている。

むかご
091022_7.jpg

キス
091022_8.jpg

揚げ具合はホックリとして良いのだが、少し塩素臭いような気がした。

ホタテ貝
091022_9.jpg

中心部がほんのりとレアで、噛むほどに甘みを感じる。

わかさぎ
091022_10.jpg

ほろ苦さが堪らない。

満願寺唐辛子
091022_11.jpg

穴子
091022_12.jpg

大ぶりの穴子にカブりつくのも天ぷらの醍醐味だとは思うが
ランチならこのくらいの量が適量。
少々肉薄ではあったが、臭みはない。

かき揚げ
091022_13.jpg

小エビのみでシンプルに仕上げたかき揚げ。
エビの自然な甘みが際だっていて美味しい。

野菜類はごく薄い衣でさっくりと、魚介類はややしっかり目の衣でカリカリに、といった感じで、素材の食感を活かした天ぷらはどれもクオリティが高い。

銀座エリアの隠れ家的名店。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/502-0bfa7ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。