Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
徳多和良(居酒屋/北千住)
かねてから気になっていた徳多和良へ。開店15分ほど前に到着したが、既に先客が。
外に掲げられた本日のメニューを睨みながら、今日の肴を検討。

091010_13.jpg

この頃からボチボチと人が集まりはじめ、開店時には結構な行列が出来上がり、店内はあっという間に満員状態となった。

カウンターと小さい正方形のテーブルが2つのみの小体な造り。
1つのテーブルに6人は通されるのでかなり手狭。

まずはビールと緑茶ハイ
091010_14.jpg

350円と手頃だが、その分サイズは小ぶり。
緑茶ハイは抹茶たっぷりで濃厚。

肴は315円か420円のどちらか。かなりリーズナブルだ。
まずはひらめ刺

091010_15.jpg

普通に美味しい。
値段を考えると粉わさびでも仕方ないか。

あら大根煮
091010_16.jpg

醤油がしっかりと染みている濃いめの味付け。
肴としてはGood!日本酒が欲しくなる。

筑前煮
091010_17.jpg

こちらはダシの旨味が効いている優しい味わい。

さわらタレ焼き
091010_18.jpg

ちょっと小ぶりだが、お値段相応。
それにこの量なら飽きずに食べられる。

いわし酢じめ
091010_19.jpg

これがこの日の一番。
いわしは脂がのっていて、酢の〆具合もいい。

帆立貝かき揚げ
091010_20.jpg

この値段で天ぷらが食べられるのは嬉しい。
サクサクとして、居酒屋レベルとしては上々の出来。

かぶの塩漬け
091010_21.jpg

脂っこいものの合いの手にはいい。

煮豚辛味噌添え
091010_22.jpg

肉は少しパサつきが気になるものの、和風の味噌だれと豚肉の相性はいい。

確かに料理はどれも悪くないし、一皿の値段もリーズナブル。
しかしそれは「小皿のマジック」という感じがしないではない。
かなり期待をもって訪問したのだが、膝をたたくような感動はなかった。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/496-92dba876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。