Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩舟(そば/大塚)
大塚コースは「富久晴」と「江戸一」の2軒で完結することが多い。
しかし、「江戸一」にはご飯物がないため、何となく締めのもう一品が欲しくなることがある。
以前は新大塚近くまで足を延ばして、とある焼肉屋さんの裏メニューラーメンを食べたりしたものだが、2軒のはしごで、それなりにお腹はいっぱいなので、ちょっと重い。

今日はもう帰るかなぁと、大塚の駅を目指し歩いていると1軒のおそば屋さんを発見。

090926_15.jpg

メニューをみると、つまみ類も充実していている。
ラーメンは無理でもおそばなら、ということで暖簾をくぐった。

090926_21.jpg

店内は落ち着いたお洒落な雰囲気。
カウンター席にはBarの風情がある。
お酒の品揃えも充実していて、その点では「江戸一」に勝る。
王禄を注文するも、品切れ。それならと、かつて黒龍の杜氏を勤めていた新谷さんが醸す白岳仙を頂いた。

090926_16.jpg

凛とした佇まいのお酒で、ひとしきり飲んだ後にも関わらず染み入る。

お通しは揚げそば
090926_17.jpg

香ばしく、いいあてになった。

流石につまみ類は見送って、締めのそばのみ。

せいろ
090926_18.jpg

喉越し、香りとも満足のいく出来。つゆはやや軽め。量はそこそこボリュームがある。

続いてはそば粉十割を使ったそば。
090926_19.jpg

そば粉十割だが、もそもそとした感じはない。せいろに比べると滑らかさは無くなるが、その分、香りは一段と高くなる。

そば湯
090926_20.jpg

わざわざ、そば粉を溶かしたタイプ。こういう気配りは嬉しい。

店員さんに伺ったところ、以前からおそば屋さんだったのだが、代替わりして改装したらしい。
これは富久晴・江戸一コースの締めに、新たな一軒として加わりそうだ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/487-3a787097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。