Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富久晴(もつ焼き/大塚)
久しぶりに大塚へ遠征。言わずと知れた酒亭のメッカだ。
当然、はしご酒と言うことになるのだが、その場合のゴールデンコースがある。

「富久晴」と「江戸一」だ。

「江戸一」ではじっくりと日本酒を愉しむことになるので、
まずは「富久晴」で軽くつまみ、ビールで喉を潤すという寸法だ。
この日も口開けの1軒は、「富久晴」で決まり。

大きな赤提灯と縄のれんが目印。
090926_5.jpg

風情ある組木の天井部分は薫煙に燻されて黒褐色に輝いている。
変形コの字型のカウンター席も良い意味で古色蒼然。

レバ刺し
090926_6.jpg

お好みでニンニクとショウガを添えて。
トロリとした表面の舌触りを楽しんだ後、歯を当ててサックリと噛みつぶす。鮮度が良いだけでなく、下拵えが丁寧なので臭みは全くない。

カシラ (タレ)
090926_7.jpg

タレの塩梅が良く、肉質も上々。この店の中ではこれが一番。

左右がタン、中央がカシラ(塩)
090926_8.jpg

タンは弾力があって旨い。カシラは塩も甲乙つけがたい。
どちらも炭の香りが付着し、塩が程よく溶け込んでいる。

シロ(タレ)
090926_9.jpg

こちらは塩よりはタレが好み。
程よい甘さのタレはサラリとしているが、深みがある。
開店以来、足してきた秘伝のタレだ。

左2本がハツ、右2本がガツ
090926_10.jpg

ハツは脂が乗っていて旨い。
ガツは塩だとちょっと淡泊な印象。これならタレの方がいい。

ピーマンとなんこつ(塩)
090926_11.jpg

ピーマンも炭火だとひと味違う。
軟骨は比較的食べやすく、骨の周りの脂身が甘い。

レバー(タレ)
090926_13.jpg

こいつはタレに限る。
刺身とは違った味わい。鮮度の高さを感じさせる。

小袋
090926_12.jpg

とろりとして柔らかい。こちらもタレがいいように思う。

今回はいつもの倍近い、ほぼ全品を頼んでしまった。
いつもなら合いの手としてニラ玉も注文するのだが、次店に備えて涙を飲んだ。

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/485-87247d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。