FC2ブログ
Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャポネ(スパゲティ/ 銀座)

いきなり話は横道に逸れる。
友人達との間でラーメン二郎の話題になると昔から「ラーメン二郎は一体どのカテゴリーのラーメンに属するのか」ということがよく議論となった。醤油ベースではあるが醤油系とも違う。背脂が浮いているからとんこつ系か?いやこれも違う。結局、あれは「ラーメン二郎というラーメンだ」という結論に落ち着く。中には、ラーメンですらないのではないかという強者も現れる。「ラーメン二郎という食べ物である!」だって。今でこそ、ラーメン二郎系のお店が増えているが、当時は1軒しかなかったのだ。いずれにせよ個性的なお店になるとカテゴリー分けはとても難しい。


さて本題に戻そう。
銀座INZには渋い店が多い。と以前述べたが、その極みは「ジャボネ」であろう。
それも、ココってINZなんだっけ?という一番端の怪しい建物の、更に奥まったところにお店がある。何か秘密の集会が開かれているかのような趣きだ。



カウンターのみで十数席。昼時にはかなりの行列になるのでいつも早めに出掛けることにしている。早めというのは11時前だ。もはや朝食だ。しかし、そんな早い時間でも結構行列していたりする。「あんたたち、こんな早い時間からこんなものを食べるなんておかしいんじゃないの?!」と並んでいる自分を棚に上げ、矛盾した叫び声を上げたくなる。
二郎同様、こちらのスパゲティも唯我独尊。他に類を見ないタイプと言える。ここで一番のおすすめはジャリコ。特に初めての人はここから入るべし。個人的にはジャリコ=店名となっている。


<ジャリコ ジャンボ>


具材も個性的と言える。代表格が小松菜。他に豚肉、小エビ、青じそ、しいたけ、玉ねぎに細かく刻んだトマトが入る。だが、決してトマト味ではない。トマト如きに支配されるものではないのだ。

つくり方を見てみよう。汚れをこそいだ中華鍋に怪しげな物体が投入される。油は敷かれない。おそらくガーリックバターのようなものと推察する。マヨネーズの様でもあるが、実のところはよくわからない。次いでしばらく前に茹で上げられたスパゲティを鷲掴みに3回ほど入れる。この時点で既に中華鍋はいっぱいになる。ここに具材が投げ入れられる。ひたすらに鍋を振るう。もはやパスタでありながらイタリア料理ではない。更にしょうゆダレ状のものが注ぎいれられ、鍋の動きは更に激しさを増す。一連の動作を見る限り、中華料理以外の何物でもない。


ジャンボとは大盛りのこと。更にその上に横綱、親方と続く。お目にかかったことはないが特盛りの「横綱審議委員会」なる裏メニューが存在するという噂もある。大盛りでもかなり手ごたえは十分。それで料金は700円。極めて良心的だ。少なくとも銀座値段ではないところがいい。


ひと口頬張る。ガツンと味が濃い。にんにくがしっかり効いていて、それも全体に行き渡っている。最初に投入された物体に含まれているんだと思う。また、独特の醤油風味が何とも香ばしい。焼きうどんのような風情もある。基本的に量が多い店なので食べ進めるにつれ飽きてくるのだが、小松菜のシャキシャキ感と破片のトマトがそれを何とか食い止めてくれる。完食すると不思議な達成感が湧き上がる。


スパゲティ専門店と言えばそれまでなのだが、あまりその手の店には足を運ばないだけに新たなカテゴリーを追加するのも気が進まない。かといってイタリア料理では断じてない。まして、このブログで紹介する最初のイタリア料理店となっては見識を疑われる。一応、軽食というカテゴリーに入れさせて頂いた。本人も実はあまり納得はしていない。決して軽いものでもないし、ましてここの料理を軽んじているわけでもない。敬意を称して「ジャポネという食べ物」と呼ぶのが正解であろう。


にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ 食べログ グルメブログランキング 
コメント
コメント
はじめまして。コメントありがとうござました。「ジャポネという食べ物」いいですね~。ほんとそんな感じです。ジャポ二郎なのに最近ジャポネ行ってません・・。また食べたくなってきましたよ~☆
2007/06/22(金) 09:01:42 | URL | くに #SeMmYOaI [ 編集 ]
コメントありがとうございます。ジャポ二郎。タイトル最高ですね。勿論、精力的な内容にいつも驚かされます。二郎臭を感じるリトル小岩井にも行ってみたいと思っています。
2007/06/23(土) 01:11:42 | URL | Fledermaus #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/46-3a838294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。