Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まごろく(やきとり/門前仲町)
久しぶりにまごろくへ。焼き鳥コース6本セットを注文。
まずは生ビールと突き出し。

090712_5.jpg

おひたしはしっかりと出汁の効いた濃いめの味付け。もう少し量が欲しくなる。

最初はハツと千寿ネギ
090712_6.jpg

いずれも塩で供される。ハツはお刺身で出しているくらい鮮度がいい。
通常、少し硬くて筋肉質なイメージのハツがとても柔らかくてしなやか。ネギも甘味がある。塩加減も上々。


090712_7.jpg

個人的にはもう少しカリッと焼き上げたほうが好きだが、もっちりタイプも悪くない。


レバ刺し
090712_8.jpg

これは白レバーか?濃厚で臭味がまったくなく、舌の上でトロリととろける。

レバー
090712_9.jpg

今度は焼きの方。こちらも塩で。表面はしっかりと焼き色がつく程度に火を通してある。レバ刺しとは違った味わい。

手羽先
090712_10.jpg

弱火でじっくりと焼きこまれたタイプ。これは皮がパリッと香ばしい。

まごろくサラダ
090712_11.jpg

笹身とごまだれの相性がいい。量はかなり少なめ。ちょっと物足りない。

つくね
090712_12.jpg

唯一タレで供された。味が中まで浸透していて、酒のアテにGood!

合鴨ロースと満願寺唐辛子
090712_13.jpg

ショーケースの鴨の状態があまりにも良かったので注文したのだが正解だった。本当は松茸を鴨で巻いた串を注文したかったのだが、タッチの差で売り切れだった!唐辛子も甘味が濃厚で旨い。

つみれ汁
090712_14.jpg

このつみれは鹿肉のつみれ。汁は酒粕を使った味噌仕立て。鹿肉のパワフルな香りとまろやかな味噌との相性がいい。

鳥雑炊
090712_15.jpg

つみれ汁の後だと少し淡泊に感じられるが、素朴な美味しさ。

全体的に塩加減、火の通し方のレベルは高い。
ただ、サラダや刺身が中盤以降に出されたり、焼き物のインターバルがかなり長い等、気になるところはある。オススメ品の黒板メニューに金額が書かれていないのもちょっと不親切。
ジビエの時価は予想しづらいですから。

まごろく (焼鳥 / 門前仲町、越中島)
東京都江東区牡丹3-6-1
TEL:03-3641-3831
17:00~23:00 土日祝:16:00~22:00
月休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/413-df9d3422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。