Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加賀屋(居酒屋/築地)
勝鬨橋を越えてから小さな路地に入り、しばらく歩くと赤い提灯が見えてくる。
なかなか活気があり、呑兵衛心を刺激する雰囲気が漂う。

生ビールとシソサワーを注文
090704_1.jpg

このシソサワーが渋い!ジョッキに半分ほどの焼酎と、別瓶でシソサワーが供される。コアなファンが多いと聞くコダマサワーのバイスだ!これが変に甘いとがっかりなのだが、さっぱりとドライで、赤シソの香りも濃厚。夏場には最適。

090704_2.jpg

かなり気に入った。因みに焼酎は金宮焼酎だ。

もつ煮
090704_3.jpg

かなりのボリュームだ。もっとも、もつ煮に限らず、このお店の料理はどれもポーションが大きい。
もつは色々な部位がとても柔らかく煮込まれていて、程よく味が染みている。臭味はまったくない。豆腐はとろりと瑞々しい。

かしらのにんにくあえ
090704_4.jpg

焼いたかしらをしょう油ベースのタレであえ、ネギとおろしニンニクが乗る。かしらは串焼きで頂いても美味しいが、これはこれでいい。ニンニクが既製品なのがマイナス。

大根おろし
090704_5.jpg

粗おろしタイプ。シャキシャキと歯ごたえがよく、つまみで食べるなら普通の大根おろしよりこちらの方が断然いい。

ラビオリ
090704_6.jpg

当然、串焼きやもつ煮がメインメニューなのだが、サイドメニューのジャンルも幅広い。なかでも一際異彩を放っているのがラビオリ。スナック感覚で頂ける一口サイズだ。多めにふられた胡椒がいいアクセントになっている。ただし、2人だとちょっと飽きてしまうくらいの量だ。

この日は串焼きに辿り着かないままお腹がいっぱいになってしまった。
次回は串焼きメインで行ってみるか。また、シソサワーが恋しくなった。

加賀屋 築地店 (居酒屋 / 築地、築地市場、新富町)
東京都中央区築地7-15-10
TEL:03-3543-2667
16:30~23:00
日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/408-87c6a808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。