Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛和鹿(焼肉/門前仲町)
赤札堂の裏手にある焼肉屋。

090614_1.jpg

焼肉屋さんでは珍しくホッピーが置いてある。まずは、黒ホッピーを注文。
090614_2.jpg

この日は休日だったため、レバ刺しなどの生ものはない。

ゴマサラダ
090614_3.jpg

メニューの印象からはバンバンジー風のゴマダレのサラダを想像していたが、いわゆるチョレギサラダ風のシンプルなサラダだった。これはこれで悪くない。

ハラミ(手前)と生牛タン
090614_4.jpg

生牛タンは見るからに鮮度が良さそう。それだけに、生に近い状態で食べてみたのだが、こんがりと強めに焼いた方が旨味が凝縮された感じがする。
ハラミは塩味。肉は柔らかく、旨味がある。

ヒウチ
090614_7.jpg

ヒウチは牛の腿肉にして稀少部位のひとつ。見るからに赤身が強くいい感じだ。こちらは軽く炙って頂く。見た目通り、脂が勝ち過ぎず、肉本来の香りが感じられてGood!

肩三角
090614_8.jpg

こちらも稀少部位とのこと。見た目もいい。火を通すと、しっかり繊維質を感じさせる肉質で、部位によって味も食感もまったく違うことを再認識させられる。

ヒウチ、肩三角はタレで頂いたが、このタレが個人的には今ひとつピンと来なかった。
肉質を鑑みて、もうひと工夫あってもいいように思う。

ここまで、全て肉の鮮度がよかったので、追加でホルモン盛り合わせを注文。

090614_6.jpg

上から時計回りにレバー、ホルモン、ハツ、ミノ。そして中心部がコプチャン。
肉そのものはどれも期待通りであるが、やはりタレの味が気になってしょうがない。
この中ではホルモンが一番。

合いの手として注文したキャベツ

090614_5.jpg

ある意味サラダ以上によかった。これは外せない一皿。

総評すると、かなり上質な肉を廉価で食べさせてくれる良いお店だと思う。

炭火焼肉 牛和鹿 (焼肉 / 門前仲町、越中島、木場)
東京都江東区門前仲町2-9-5 あずまビル2F
TEL:03-3820-2522
17:00~23:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:肉・肉・肉 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/397-43d21c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。