Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花紋(中国料理 / 門前仲町)
休日の昼下がり、花紋へ出掛けた。

090607_1.jpg

ビールを注文。つまみはザーサイ。
090607_2.jpg

やたら塩辛く油っぽいザーサイを出す店があるが、ここの物はとても軽やかで自然な味わい。
食べ進めても飽きがこない。上々のすべり出しだ。

餃子
090607_3.jpg

餡は野菜中心で悪くはないが、皮はごく普通。市販品なのか?
ちょっと期待はずれだった。

貝柱入りシュウマイ
090607_4.jpg

こちらは一転、秀逸の出来。シットリとした皮は薄く、種は香りよくジューシー。
ここ近々食べたなかでは一番。

五目チャーハン
090607_7.jpg

パラッとした仕上がりで、程よい塩気が全体に溶け込んでいる。
とても美味しい。かなり気に入った。

牛肉入りソバ
090607_6.jpg

牛肉、竹の子、干し椎茸の炒め物がのった汁ソバ。
竹の子のシャキシャキとした食感が何ともいい。
軽くとろみのついたスープは優しい味わいで深みがある。
麺は自家製麺か?太さは不揃いながらも旨味があり、スープがよく絡む。

炸醤麺
090607_8.jpg

見た目はかなり濃厚。画像で見てもクドそうな感じなのだが、角のない優しい舌触り。
椎茸と竹の子を上手に使い、甜麺醤の香りもいい。残ったタレをご飯に掛けて食べたくなる。
麺は牛肉入りソバと同じく、ツルツルの喉越しで旨味がある。

翡翠冷麺(五目冷やし中華)
090607_9.jpg

こちらはほうれん草を打ち込んだ麺をゴマだれで食べさせてくれる。
具は、蒸し鶏、チャーシュー、カニ、クラゲなど。
よくある冷やし麺の想像を遙かに凌駕した秀作。
蒸し鶏は香り高く、ゴマだれはマイルドながら心地よい酸味が効いていて、味蕾が一気に覚醒するような気がする。
口に含んだ途端、飲み込む前に「ウマっ!」叫びたくなるほど。

さりげなく佇む街場の中華料理屋さんだが、レベルは高い。

花紋 (中華料理 / 門前仲町、越中島、木場)
東京都江東区門前仲町2-7-3
TEL:03-3643-6504
11:30~14:30 17:00~21:00
土休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/390-3e5eb75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。