Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねのひ(やきとり / 有楽町)
久しぶりに有楽町のガード下へ出掛けた。
「ねのひ」は路地を少し入ったところにあり、ちょっとわかりづらい。

090523_1.jpg

黒ホッピーとお通しのキャベツ
090523_2.jpg

キャベツはやきとり屋さんの定番だが、合いの手にいい。ニンニク味噌が染みる。
こちらはおかわり自由だから嬉しい。

串焼きは大きく鶏と豚の2種類。まず、最初はねぎま(鶏)とかしら(豚)。
090523_3.jpg

1つ1つ、肉の粒が大きい。ジャンボやきとりの看板に偽りなし。
ガード下のお店としては十分に納得のいく肉質で、タレも甘さ控えめで嫌味がなく旨い。添えられた豆板醤もいい。

つくね
090523_4.jpg

つくねは一度揚げてから焼いたものと、生の状態から焼いたものの2種類がある。
こちらは生から焼いたタイプ。ハンバーグのようにジューシーでおすすめ。


しいたけ
090523_5.jpg

個人的には最後に醤油をひとたらしの方が好きだが、塩も悪くない。


バラトマト巻き
090523_6.jpg

トマトは加熱すると甘味が増して旨い。

やきとりとやきとん以外のおつまみも充実している。
例えば、牛もつ煮込み。
090523_7.jpg

色々な部位が入っているのだが、ちょっと変わっていると感じたのは、ハチノスがかなりの割合を占めること。これがシットリと柔らかくて、予想以上によかった。
一見、色目が薄いので煮込み不足のようだが、味は中までしっかりと染みこんでいる。

塩辛じゃがバター
090523_8.jpg

じゃがバターと塩辛の組み合わせと聞くと、ちょっと躊躇しがちだが、塩辛の臭味がバターの風味で中和され、濃目の塩気がじゃがいもに絡み、不思議な相乗効果を生んでいる。

ガード下の小さなお店だが、店内の空気感がよく、不思議と居心地がいい。女性客も多い。

ねのひ (焼鳥 / 日比谷、銀座、有楽町)
東京都千代田区有楽町2-3-3
TEL:03-3571-9132
月~土:16:00~1:00 日:16:00~0:00
無休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/385-cf1f5a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。