Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おおもりや(豊洲 / 居酒屋)
豊洲に新しい居酒屋がオープンした。看板には京都紫野とある。京都のお店の支店だろうか。オープニングセールでビールも安いようだし、早速入ってみることに。

090314_1.jpg

1階はカウンターのみ。2階はよくわからないが宴会ができるスペースになっているようだ。

お通しの白和え
090314_2.jpg

上品な味わいで料理に期待が持てる。

お刺身の中から、おすすめのかつおのたたき
090314_3.jpg

薄造りで上品な盛りつけ。臭味は全く感じられず、旨い。


メニューの中核を構成しているのが串揚げ。えびと牛肉+野菜の盛り合わせを注文。
090314_4.jpg

ソースは別皿で供されるため、何度漬けもOK。衣が薄くて割といい感じ。えび、蓮根がよかった。牛肉はもったいぶって後半戦に取っておいたのだが、衣がふにゃふにゃになってしまった。こちらは早めに食べるべし。牛肉そのものは美味しかっただけに残念。

若竹煮
090314_5.jpg

この店のもうひとつの売りはカウンターに大皿で並べられたおばんざい。若竹煮は基本に忠実で、ダシの旨味が活きていて、えぐみも感じられず、さっくりと旨い。

つぎはおつまみ系のメニューから2つ注文。

蕗味噌
090314_6.jpg

ふきのほろ苦い香りと味噌の塩気がお酒のアテにいい。

ネギ明太
090314_7.jpg

博多ネギと明太子を和えただけの品。明太子は少し毒々しい味わいだが、ネギを加えるだけで割といい肴になっている。これは家での晩酌時にも手軽でいい。

かも饅頭
090314_8.jpg

こちらはこの日一番期待した品だったのだが、少々がっかり。肉は鴨らしい香りに欠けていたし(ホントに鴨か?)本来なら砕いたアラレや上新粉を使うべき衣は干からびた皮みたいで、具材との一体感がない。餡はダシの旨味が感じられて悪くない。

ようやく豊洲にもまともな居酒屋が出来たという印象を受けた。お酒は、日本酒は黒龍のいっちょらい、英勲の純米吟醸などが揃う。焼酎を含め全体的にまずまずといったところか。

料理は全体的に美味しい方だと思うが、ややインパクトに欠ける。聞けば、京都紫野に本店があるわけではなく、単にオーナーの出身地だとのこと。店名はおおもりやだが、一皿のボリュームは少ないため、若干割高感はある。

京都紫野 酒味 おおもりや (京料理 / 豊洲)

東京都江東区豊洲4-4-27
TEL:03-5546-2727

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/363-3639e83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。