Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の焼肉屋(焼肉 / ソウル)
先日、韓国に出張した際に、焼肉屋を訪れた。しかし、困ったことに店名が読めないので、このようなタイトルに。

外観の写真を参考にして下さい
090116_1.jpg

慌ただしかったので事前の下調べはゼロ。ソウルに着いてから少しネットで調べてみた。そこでわかったのは、韓国ではあまり牛肉は食べないらしく、年5,6回くらいというのが一般的なようだ。焼肉と言えば豚肉が多いとのこと。でも、折角ソウルに来たのだから牛肉の焼肉を食べたい。

韓国のビール
090116_2.jpg

すっきりとして飲みやすいタイプ。

席に着くと次々と料理が運ばれてくる。日本の韓国料理屋さんでも、色々な小皿料理を出してくれるところは多いが、一段と豪華な印象を受けた。

サンチュ
090116_3.jpg

日本で言うレタス系の葉っぱとはひと味もふた味も違う。比較のしようがないが、これが韓国では一般的なのだろうか?左から2番目の白菜が甘くて美味しいことに驚いた。

キムチの盛り合わせ
090116_5.jpg

本場のキムチはコチュジャンより唐辛子そのものが多い感じでシンプルだ。個人的にはかなり好きなタイプ。日本のキムチの方が甘味があり味数は多い。

他にも、すっきりとした酸味が心地よい大根サラダをはじめ、4品がテーブルに並ぶ。簡単に写真のみで。

090116_4.jpg 090116_6.jpg 090116_7.jpg 090116_8.jpg

牛肉のスープは実に優しい味わいで、雑味がなく美味。肉も柔らかい。

090116_9.jpg

メインの焼肉
090116_12.jpg

韓国の肉は日本の牛肉に比べて赤身が多い。個人的にはその方が好みではある。

肉の調味料として、塩とタレが用意されているのだが、意外にも塩が美味しい。(塩と言ってもつけて食べるのだ。)

ハラミ
090116_10.jpg

普通に旨い。焼きマッシュルームにビックリ。目から鱗だ。ジューシーで焼肉にこれほどマッチするとは。

骨付きカルビ
090116_11.jpg

こちらは下味がついている。塩もいいがタレもよい。そのタレが甘くないのがいい。初めて出会う味。

090116_13.jpg

090116_14.jpg

冷麺
090116_15.jpg

そうめんの様な極細麺。冷たいスープもすっきりとストイック。具材もごくごくシンプル。

恐らく、良いお店にあたったのだと思う。どれも美味しく、十分満足できた。しかし、肉そのものは正泰苑の方が上かなぁ。でも、韓国の奥深さを愉しめた。

韓国の焼肉屋(焼肉 / ソウル)
TEL:02-562-1159

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/344-0222f498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。