Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳥善(やきとり / 勝どき)

近隣はおろか、都内でも屈指のやきとり屋。我が家で本気のやきとりを渇望するときは、まずここを思い出す。



カウンターのみだが風情のある佇まいで、横浜ベイスターズの工藤に似たご主人と小顔美人の奥さんだけで切り盛りしている。(工藤が登板している日は無性に焼き鳥気分になるほど。余談だが十条にあるうどんの名店でも同じような気持ちになったことがある。ま、その話はいずれまた。)


席に着くとすぐ運ばれてくるのが、ごく浅く漬けたきゅうりと月見大根。この2つが口中の脂をすすぎ流し、最後までいい合の手となる。おつまみとして熱々のもやしと天豆もよい。


この日はまず、わさび焼き、厚揚げ、軟骨から。やはり前半戦はあっさりとしたものから攻めるべし。続いて、玉ねぎ、すきみ、つくね。更にししとう、レバー、合鴨、白玉、手羽先というラインナップ。後半は野菜を適度に織り交ぜつつ、タレ物と塩物を交互に攻略する「ジグザク戦法」が有効!


肉質はどれも文句なし。塩とタレの選別はご主人に委ねられるが、まったく不満を覚えることはない。


とにかくいつも美味しいのだが、今回特に旨かったのが、すきみと合鴨。すきみは身が厚く、レアな加減で焼き上げられ、この品だけに添えてくれる練りたての和辛子と実にマッチしている。合鴨にはまったく臭みが感じられず、頬張った瞬間、脂の甘味と肉のしっかりとした旨味がほとばしる。


最後に付く鶏がらスープが薄味なのに濃厚で胃袋に優しく染み込む。この日はたっぷり串を食べたので、〆のご飯物はお土産にして貰った。勿論、きじどんだ。


<きじどん>


実際には翌日に食べることになったのだが、折の中で炭の香りが膨らみ、お店で食べるのとはまた違った顔を見せてくれた。但し、温め方には研究の余地あり。今回は、湿度を上げたワインセラーで保管し、更に加温する際、霧吹きで水分を与えた。わりといい具合だったが、まだ改善の仕様があるように思う。


鳥善(やきとり / 勝どき)
東京都中央区勝どき1-11-3
18:10~
月休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/30-cd9d9396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。