Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚竹(築地 / 酒亭)
久しぶりに魚竹へ。季節ごとの定番はあるのだが、あまり頻繁に伺えないこともあって、なかなか同じメニューに遭遇しない。この懐の深さが心憎い。折角なので初見のメニューを紹介します。

お通し
080922_1.jpg

自家製のポテトサラダ。味の決め手はフレンチドレッシングなのだろう。あまりマヨネーズの風味がしない素朴で優しい味。

冷やし大根煮
080922_2.jpg

ダシの色味は薄いのだが、塩気は十分に染みこんでいて香りも良い。シンプルな煮物ではあるが、冷やすことで随分と印象が異なり、夏らしい一皿に仕上がっている。


ねぎま煮
080922_3.jpg

メニューにあった鮪の脳天のねぎま煮は既に売れ切れていた。この日は遅い時間に入店したため、お願いする料理がことごとく品切れ。どうしたものかと途方に暮れていたら、見かねた店主がハラミの部分で作ってくれた一品だ。鮪はしっとり柔らかく、甘めの味付けながら、日本酒に絶妙な相性を見せてくれた。唐辛子をふっても、和辛子を添えてもGood!

たらこ焼
080922_4.jpg

表面のみ軽く火が通されている。中はレアで、つぶつぶ感と熟成した塩気が活きている。身がしっかりと詰まっていて素材そのものが旨い。

いんげんのおひたし
080922_5.jpg

いんげんのおひたしに辛子。この組み合わせが予想以上によかった。

お新香
080922_6.jpg

この日はきゅうりが既に終了。大根が中心だったが、浅漬けで実にいい塩梅。サクサク、ポリポリと美味しく頂いた。

味噌汁
080922_7.jpg

生のりは売り切れ。お揚げとネギのお味噌汁を頂く。それでもお母さんの味は健在。飲んだ胃袋に染みる。

締めはうに丼
080922_8.jpg

たっぷりのドンブリご飯は、勿論うに中心で頂いたが、先述のたらこを添えたり、ねぎま煮の汁を掛けたりと、1杯で何通りにも有効活用した。

魚竹 (うおたけ) (魚介料理・海鮮料理 / 築地、新富町、東銀座)

東京都中央区築地1-9-1
03-3541-0168
11:00~14:00 17:30~22:00
土日祝休

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/278-4b73e03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。