Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野田岩(うなぎ / 日本橋高島屋)
鳥近の玉子焼きを購入後も、あれやこれやと物色していたら野田岩に目がとまった。このところ、うなぎには悪いニュースが多いから、という訳でもないのだが、我が家ではうなぎを購入することが極めて少ない。それでも、この日は久しぶりに食べたくなった。まあ野田岩なら間違いなかろう。

080910_3.jpg

一番安い串を購入。それでも結構なお値段だ。
080910_4.jpg

蒸し器で温めて頂いた。蒸し器から取り出す時に切れてしまうくらい柔らかい。これは期待できそう。

野田岩のうなぎは蒲焼きの状態がベストになるように調整されているため、タレはかなりの辛口。丼にするとご飯にもタレが掛かるため辛すぎてしまう。だからお店で頂く際のオススメも蒲焼きなのだ。

振りかけた山椒はやまつ辻田の新物。
080910_5.jpg

確かにご飯にもタレを合わせると辛い。かなりストイックなタレだ。
ということは、デパ地下の販売店でつけてくれるタレもお店に準じているのだろうから、それはそれで嬉しい。

うなぎ自体は養殖物だったが、十分に愉しめた。持ち帰りのものでも生半可なうなぎ屋さんでは敵わない。あー、ご無沙汰している本店で食べたくなった。


野田岩(うなぎ / 日本橋高島屋)

 にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ

テーマ:うなぎ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/272-7eb8f878
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。