Hagenbund ~ハーゲンブント~
ハーゲンブントとは、1900年に組織された美術家の集団で、レストランの主人(ハーゲン)に由来し、そこに集まるメンバーを意味します。銀座・築地・月島・勝どき・豊洲・下町エリアの食歩記を中心に、食に関するさまざまな情報を発信します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚竹(築地 / 酒亭)
久しぶりに魚竹へ。昨年もちょうど同じ頃に足を運んでいるが、今日はどんな料理を食べさせてくれるだろう?期待は膨らむ。定番メニューは変わらないものの、微妙にラインナップが違う。

お通し
080519_1.jpg

これをつまみながら、メニューを組み立てる。

竹の子煮
080519_2.jpg

昨年は優しい味の若竹煮にとても感動した。この竹の子煮は少し趣向が違って、しっかりと濃い味付け。芯まで味の染みこんだゴボウやニンジンと共に供された。これもまた有り。

お漬物
080519_3.jpg

定番のお袋の味。これだけは外せない。古漬けのキュウリがまた格別で、酸と塩のバランスが絶妙。

鰺の昆布〆め
080519_4.jpg

平目などはよく見かけるが、鰺の昆布〆めは珍しい。しっかりと酢が効いたタイプで、昆布の香りが味わいを深めてくれる。

貝三種あぶり焼き
080519_5.jpg

右から、青柳、つぶ貝、帆立貝。火を通すことで貝の甘味がより一層引き立っている。あぶるという程度の火加減がいい。醤油の香ばしい香りが旨さを更に増幅させている。

鯛の白子
080519_6.jpg

鯛の白子を塩で焼いたもの。想像していたよりも大きくてびっくり。さすが鯛と言う感じで上品な味わい。

明石だこの山葵漬け
080519_7.jpg

タコはとても柔らかくてジューシー。シャキシャキの山葵漬けが爽やかで、タコとの相性も申し分ない。

しらすご飯
080519_8.jpg

今日の締めはこちら。普通に旨い。自宅でもよく食べるしらすご飯だが、このわさびを添えるというのは意外と盲点。大根おろしよりもキリッと引き締まった味になる。

海苔のみそ汁
080519_9.jpg

香り高い海苔がたっぷり。ご飯とのコンビは最強だ。

魚竹(築地 / 酒亭)
東京都中央区築地1-9-1
03-3541-0168
11:00~14:00 17:30~22:00
土日祝休

  にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村 酒ブログへ

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://umainet.blog103.fc2.com/tb.php/217-a18f0ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
久しぶりに魚竹へ。季節ごとの定番はあるのだが、あまり頻繁に伺えないこともあって、なかなか同じメニューに遭遇しない。この懐の深さが心憎い。折角なので初見のメニューを紹介します。 お通し 自家製の...
2009/02/15(日) 23:54:44 | Hagenbund ~ハーゲンブント~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。